2008.4.28

4月24日に、バッハの『フーガの技法』全曲によるオイリュトミー公演を、西国分寺のいずみホールで行った。今年二月初めのトラムでの公演の再演である。それにしても、一昨年6月セッションハウスでの4夜にわたる『透明迷宮』ーdance笠井叡×piano高椅悠治ーで始まって、バッハの『フーガの技法』を悠治さんに何回弾いていただいただろうか?少なくとも本番は今回で10回目だから、リハーサル、通し、ゲネなどを入れると50回は下らない。ダンサー、オイリュトミストたちにとって、生のピアノ演奏で(しかも悠治さんの演奏で)バッハを踊れるというのは、大変に貴重な体験だったに違いない。
26日、叡と新宿小田急デパートの美術画廊に山本美智代作品展を観に行く。案内状に40年以上にわたる初期から近作までの作品が出品されているとある。実はおよそ40年前、私が駿河台下の三省堂の裏の、月刊誌『本の手帖』を出していた森昭社の森谷さんの所で勤めていた頃、美智代さんも図書出版南北社で文芸誌『南北』表紙デザインと編集に携わっていて、叡の舞踏公演を知らせると「チケット20枚送って」と言って、当日多くの仲間と観に来てくれた。1968年の新宿厚生年金小ホールで叡のソロ公演「稚児之草子」でのこと、開演間際に美智代さんが受付にやって来て、「付けられているの、巻きたいから裏から逃がして」と私に小声で囁いた。動転してモタモタしたのは私で、彼女は落ち着いて素早く奈落を通り楽屋裏から外へ・・・。正面の入り口にびっしりと張り込んでいた公安を、まんまと巻くことに成功した。私はその時初めて知った。彼女は東大全共闘議長山本義隆夫人だと。それからも公演は必ず観て下さり、私たちのドイツ時代には、ポーランドの帰りだと言ってシュツットガルトにお母さまと訪ねてくださり、ご自分の作品集がでると署名入りで送って下さる。特に会ったり話したりは殆ど無い。でも繋がっている。
4、5年前のこと、国立の本屋で山本義隆著『磁力と重力の発見』と言う本が目に入った。いつもだったら間違いなくこの手の書物には手を出さないが私が、その時は磁力が働いたのか、全三巻を購入して、その日から重力に身を任せたように読み始め、一ヶ月足らずで全巻を読破した。我ながら不思議とは思うが、それほど面白かったのだ。暫くして、この本がパピルス賞、毎日出版文化賞、大佛次郎賞をとったと聞いて、嬉しくなり久しぶりに美智代さんにお祝いの電話をかけた。「あら、久しぶり!あなたあれ読んだの。へぇ~えらいわねぇ。面白かった?ワタシ読んでないの。長いしね」と美智代さん。そこですかさずミーハーの私「義隆さんの署名が欲しいの」と言っら「いいわよ。三冊全部送って」と美智代さん。
些か恥ずかしかったので1巻だけを送ったら、丁寧に署名して送り返してくれた。それが初版本だったのをとても喜んで下さったそうだ。
同じ空気を呼吸しながら同じ時代を自分の信念を貫いて生きてきた人々とのつながりは、なんと素晴らしいことか!

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.4.22

土、日の二日間、叡の講座に同行して、久しぶりに京都に行く機会を得た。講座の会場が太秦の近くなので、土曜日は広隆寺の新霊宝殿に弥勒菩薩はじめ国宝級の仏像たちを観に行き、日曜日は嵯峨野の野宮神社から落柿舎までのんびりと歩いてまわった。花冷えとはいえ、桜の後の未だ新緑とは言いがたい萌葱色の新芽に、春の陽光がキラキラと光の粒子を降り注いでいる。お昼のお勤めか、寺の鐘の音が聴こえる。
嵐山駅から帷子の辻を経由して、講座の会場のある常磐まで嵐電に乗る。運賃は一律200円。木の床で旧式で懐かしい電車。無人駅のホームの石の隙間からは、たんぽぽやぺんぺん草がのびていて、長閑で鄙びていて風情がある。日本語の車内アナウンスのあと「Next station is ・・・」と流れるのは、さすが京都だ。
講座の会場では20人前後の人が熱心にオイリュトミ―の実習をやっていた。20年来の懐かしい面々がいる。東京から名古屋からの参加者もいる。年に数回の講座だが、それだけに各々が自分に真剣に向っている。そこには、情報量とその素早い結果に価値を求める今日の私達の生活のリズムとは全く異なる時空間がある。年に数回とはいえ、深いところで同じ意識を共有できる場と時間があるのは大切なことでり、嬉しいことだ。
帰りの新幹線まですこし間があるので、久しぶりに嵯峨野の志村ふくみ先生と洋子さんの工房をお訪ねした。随分久しぶりなのにお目にかかると直ぐに、日本語の言霊のこと、「古事記」「万葉集」「源氏物語」の内に流れている言葉の力について、忙しい現代を生きている私たちが忘れているさまざまな大切な事柄を真剣に話し合うことができた。ここでも短い時間だが、深い時間があった。
夜の闇にすっぽり覆われた嵐山の真上にかかる満月を眺めながら、新幹線の最終に間に合うように、桂川の川べりをタクシーで京都駅に向う。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.4.15

稽古場と母屋の間に狭い庭がある。
山吹、萩、紫式部、ぼけ、ゆきやなぎ、紫陽花二種類、椿、くちなし、さるすべり、杏、桜、南天、薔薇、さつき、沈丁花・・・建物の谷間で陽も差さず、おまけに石ころだらけの栄養不足の土地に、少々多すぎる木々が雑然と勝手気ままに、所狭しと植えられている。
食堂からカーテン越しに庭を眺めていると、よく番の小鳥がやってきて、やせ細った椿の枝、萩の枝にぴょんぴょんと飛び移って遊んでいく。お隣の家の庭の方がはるかに広く木々の梢も豊かであろうに、大空から下を眺めると、我家の貧しい庭でも鳥の目に面白いジャングルのように見えるるのか、などと思っていると、やがて何処へやら飛んで行ってしまう。すると、茶と白のしましま模様の野良猫がのっそりと現われて、堂々と庭を横切って行く。この界隈を仕切っているノラのボスである。どうしてか彼は、叡の車の上に乗って居眠りをするのが好きで、叡がそれを見つけると怒って追いかけるが、もちろん猫の逃げ足は素早い。暫くすると又寝ている。ノラの背中の丸みと車の形は相似形で、ノラはきっと叡の車を仲間だと思っている、と私は思っている。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.4.12

一昨日は土砂降りの雨の中を、日本橋高島屋に志村ふくみ展ー裂と遊ぶーを観に行く。会場で久しぶりに志村先生とお嬢さんの洋子さんにお目にかかる。
昨日は春爛漫の暖かな日差しの中を、退院後初めての外来診察のため、国立医療センターに叡の運転で向う。甲州街道を仙川まで行き、成城を抜けて世田谷通りを右折し環八から玉川通りを通って病院へ。途中、木々の梢からは柔らかな新芽が一斉に生れでて、春の光を若草色に染めていた。
今日は花曇り。ブロック塀に沿って昨年植えた二株の芝桜がどうにか根付いて、ピンクと白の花を咲かせている。その並びにあるクロッカスとラッパ水仙の花は終わって、今は数本のムスカリが青と白の可愛い壷状の小花をつけている。
去年の秋、クロッカスと水仙とムスカリの球根を土に植えた、というより乱暴に土に埋めたと言った方がいい。私の膝の関節は力がなく、しゃがめないし、手の指は変形してスコップが握れないなど、いろいろ支障があって、とりあえず球根を土の上に落として、その上に足先で薄らと土をかぶせただけだ。可哀想だと思うが仕方が無い。それがなんと今年の春先、小さな小さな未熟児のような双葉がひょろひょろと顔をもたげてきたではないか。そのいじらしさ、健気さ。よくやった!わたしがあんなに邪慳にあつかった球根たちなのに。
言葉を持たない草花たちはなんと爽やかなことか、なんてあれこれと思い巡らしながら、土いじりをする。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.4.8

4月1日に目黒区の国立医療センターに入院し、翌日右目の硝子体の手術を受けて、昨日7日に退院した。毎朝7時30分に第一回目の診察があり、更に8時半に2~3人の先生が診てくれる。手術後2日目に眼帯が取れたので、先生に本を読んでもいいかと聞くと、何をしてもいいとの事、早速売店に行き「よくわかる最新医学」の眼に付いての本を買って来て読んでみる。
初めに目のメカニズムが詳しく説明してあり“目の構造は超精密なカメラのよう”とある。レンズの役割は、角膜と水晶体。網膜は像を結ぶフィルムの役。読んで行くとほんとうによく出来ている。私が昨年買ったデジタルカメラと全く同じ働きをする。まてよ、目がデジタルカメラと同じ働きをするのではなくて、デジタルカメラが目と同じ働きをするのだ。なぜなら、デジタルカメラは人間の目を模倣して人間が造り出した機械だ。ではこの超精密な人間の目は誰が創ったのか。
「眼が眼であるのは光のおかげである」と、以前何処かで読んだのを思いだした。
内なる光と外なる光の照応。超先端の光学と人間の内なる精神との接点。
眼の手術をしたお陰で、ゲーテの「色彩論」を読んでみようと思い立った。

comment(0 )

ページのトップへ戻る