2008.5.27

今週末から二週間はローマとナポリだ。叡も私もイタリア人と相性がいいのは、彼らの体型がわれわれの胴長短足の典型的日本人の体型と似ているとうこともあ ろうが、なによりイタリア人のあの人なつっこさと陽気さが気に入っているからだろう。かのゲーテ大先生ですら、イタリアを南下するに従って、勤勉実直なド イツ人気質がしだいに溶け始め、ナポリの地では“全く違った人間になったような気がする”などとおっしゃっている。
ローマは5回目だが、今回ナポリは2回目。先回宿を提供してくれたのは、ヴァレンティーナ。彼女は大学で薬学を修め、癌の薬を研究しながらドクターを目指 している、輪廓のはっきりとした瓜実顔で切れ長の目をした、東方教会のイコンの聖母(ラファエロのでは決してない)のような美人。その彼女がナポリのゴタ ゴタした石畳の狭い道を、暴走族顔負けのスピードで車を飛ばすのだから、ますますカッコイイ。或る日の昼下がり、ナポリで彼女のお気に入りの場所に案内し てくれた。ナポリ滞在中のゲーテの部屋とか、発掘中のギリシア・ローマ時代の神殿の柱などを眺めながら海岸に沿って車を走らせて着いた所は、Logo d’Averno(アベルノ湖とでも読むのか)という小さな火口湖だった。人影もなく静かな湖畔の右手に、アポロ神殿の遺跡が見えた。ギリシア時代にナポ リ(ニューポリス)を植民地にしたギリシア人が建てたのだそうだ。彼女の説明によると―アポロ神殿と直線で結んだ対岸には「GROTTA della BILLA」(地獄への門)があり、ローマ時代そこには巫女たちが住んいて、しかも湖は熱湯で煮えたぎっており、また神殿と門を結ぶ対角線上は磁力がはた らいている―そうだ。湖畔を回って「地獄への門」まで行くと、茫茫と木々が生い茂った細い湿った道の奥に小さな洞穴が残っていた。その昔巫女たちは、目前 に迫る湖の煮え立つ熱湯の渦をみながら、遥か対岸の太陽に輝くアポロ神殿を仰ぎつつ、暗い洞窟の中で狂乱のダンスに耽っていのか、などと想像を膨らませて いると、ヴァレンティーナが「アキラとヒサコがここに来た初めての日本人かもよ」と言った。ホントかな?ホントだったら光栄だ!夕暮れも迫り、火口湖のあ るPOZZUOLI市を後にする。
日本に戻って、私の唯一無比のイタリア旅行案内書ゲーテの『イタリア紀行』で確かめると、あった。1787年3月1日にゲーテはプッツオリ郊外に散策に出かけ、その夜の日記に記す。
“見るも無残に荒れ果てた千古の栄華の跡、煮えたぎる熱湯、硫黄を噴出する洞穴、草木の育たぬ灰燼の山、不毛の不愉快な地域、そして最後にはそれと打って 変わった四時鬱蒼たる植物が、一寸の地でも隙間さえあれば生い茂り、あらゆる死に絶えたものの上に蔽いかぶさって、沼沢や渓流のまわりにもはびこってい る”
200年の時を飛び越えて、ゲーテの驚きが、今、活き活きと新鮮に伝わってくる。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.5.19

職を失った知人を、知り合いの制作会社に紹介したら、パソコンが扱えないと言う理由で、一日で解雇。もっともな話だ。少人数で、いくつものプロジェクトの制作を並行して進めるのには、パソコンなしでは不可能というもの。加えて社長曰く「今では小学生でもインターネットは出来ますからねぇ」と。
派遣でアルバイトをしている若い友人から聞いた話。派遣社員は番号で呼ばれ、社員同士しゃべってはいけない―ということもあるそうだ。それもそうだろう。派遣会社に登録する多くの人の名前をコンピュータに入力し、派遣先に振り分けて行く作業は、番号の方が速く正確なのかもしれない。
有難いこと(?)に、コンピュータが人間を指図してくれる。。。。現場で働くのは人間なのに。。。。お互い話するなとは(!)。。。。“人間は本質的に“Mitsein”共存在“とハイデガー先生だって言っているのに。。。。
人間は将棋の駒ではない。駒だって、将棋をする人にとって不可欠な物であり、人間を楽しませてくれて、幸せにもしてくれる。そんな時、駒は単なる木の塊ではなくなり、駒自身の実存的姿が露れるといえるのでは。では、どうしたらいいのか。どこかおかしい、とみんながそう思っているのだが。。。。
そうは思いつつも、暗黙裡に、コンピュータの中で、記号化され、個々バラバラにされていく人間存在はどこにいくのか。。。。うっすらした不安な気分がブレンドされた空気を呼吸しているような毎日。これでは世の中“うつ”の人が多くなるのは当然だ。
昨日、コンドルズ公演「大いなる幻想」を観に行こうと、彩の国さいたま芸術劇場に向う途中西国分寺の駅でケイタイを忘れたのに気が付いた。“どうしよう・・・急に四川省のような大地震が起ったら・・・何か急用の時には・・・電話帳はないし、どうしたらいいのやら・・・”楽しい気分がとたんに半減し、不安がミックスされた気分と共に劇場へ。結局、コンドルズの面々のいつもながらのパワフルなダンスに、ケイタイ不ケイタイの不安はどこへやら。地震もなかったし、急用もなし。メデタシ、メデタシ。

★覚え書き
「物質利用には物質に使用されぬ警戒が必要であり、これが真に物質を尊重する所以である」
―稲垣足穂ー

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.5.14

もう梅雨になったかのような、冷たい雨の日が続いている。
ミャンマーのサイクロンの直撃、中国四川省の大地震、天災とはいえ、数日間でおびただしい人の命が失われてしまった。いよいよ地球が内から崩れ始めたのだろうか。自然の悲痛な叫びのようにも思える。
新聞には、下敷きになった家族を案じて泣き叫ぶ女性、子どもの遺体の傍らで悲しみにくれる両親などの痛ましい写真が大きく掲載されている。
そのページの裏には、60年来、今でもレバノンの難民キャンプで厳しい生活を続けている老夫婦の記事が載っていた。60年前の5月15日を彼らは「ナクバ(大破局)」と呼ぶそうだ。これは人災である。
数年前、エドワード・サイードの評論集『オスロからイラクへ』を読んだ。和平への激しい感情、二つの民が一つの国で共存できるという強い信念が、サイードの悲痛な叫びとなって行間から聞こえてくる。実際、白血病で亡くなる二ヶ月前までの文章が掲載されている。
60年以上生きて来て、分かっていたつもりのものが、分からなくなって来たような気がする。でも生きている限り、動いている。動いている限り、何かが生まれて行くだろう、などと能天気な私。
あした天気にな~あれ! 

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.5.11

8、9、10の3日間エフェソス・オイリュトミー集中講座の合宿で、山中湖に行く。17人の受講者に加え、ピアニスト、チェリスト、それに叡と私の総勢21人。
風薫る五月―新緑に囲まれた湖から美しい富士山を眺めるのはさぞかし気持いいだろう、と心も軽く、中央高速に乗り、大月のインターを左折して富士五湖道に向うと、突然フロントグラスの前面に、真白な雪を戴く富士山が出現した。間近に見る富士はやはり何時見ていいなぁ。雄大で威厳があって美しい。と思っていたら、富士はすぅーと目の前から消えて、右側の車窓の方に現われたとおもうと、灰色の雲に覆われてすっかり姿が無くなってしまった。3日間で富士と対面できたのはその時だけ。後は“風薫る”はどこえやらぁ~の3日間の合宿だった。
宿舎のハラマチロッジのボス・さゆりさんは、かつてのアイドル歌手九重佑三子(?)にそっくりなお姐さん。ハスキーヴォイスと笑顔がなんとも魅力な世話好きの働き者。体育会系の合宿の宿舎だけあって、朝夕の食事は、たっぷりと品数が並ぶ。1階は、ロビー、大きな厨房と座敷の大広間、2~4階は6畳から8畳の座敷の部屋が南に面して並び、カーテンを開けるとどの部屋からで聳えたつ富士山が目に飛び込んでくるようになっている。300人ぐらいは収容できるのだろう。
去年の7月、オイリュトミーの全国大会を行ったのだが、3日間とも大嵐。新幹線は止まり、東名高速は雨で切断され、それでも九州、京都、名古屋、東京、仙台、新潟から50名の人が集った。「富士が見られるとたのしみにしてきた」と口々に言うのを聴いて、大会の主催者として、心の中で天を恨んでみても致し方ない。最終日別れの後、台風一過の青空に富士がいいタイミングで姿を見せた。
さて今回も最終日に向って曇り始め、3日目は日がな一日冷雨。おまけに急に寒くなり、私は風邪を引いてしまう情けなさ。ここでも、叡は「雨男」というのが立証された。と言う訳で、わたしはいつも「部屋から富士山が見えるところよ」と宣伝するのだが、外れることが多い。迷惑なはなしである。でも昼間富士山を眺める暇のあるのは私だけで、皆はケイコ、ケイコ。そんな余裕がないのが合宿というものだ。 

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.5.3

今日から連休が始まる。
高椅悠治夫人の八巻美恵さんから、彼女が忘れた物を送ってあげたら、無事届いたとメールが来た。お礼の言葉の後―連休はシゴト、シゴト。いつになったら優雅な暮らしができるんでしょうね。。。(笑)ーとあった。全く同感!
ピアニスト、ダンサーなどの類は連休とは縁遠い。ましてダンサーは身体が呼吸している限り休みはない、ということは毎日休みとも言える、などとブツブツ独り言を言って新聞を広げたら、「常に鍛えるそれがプロ」という見出しで、有名な喜劇役者の話が載っている。毎日が仕事それが活力。さすがプロだ。
1966年に叡の処女公演「磔刑聖母」から、何回公演を重ねて来ただろうか。今日のように、アートマネージメントとか助成金制度のなかった時代だから、家内工業的な公演ではあったが、今のように複雑でなかったことは確かだ。私の役は、専ら人の手配、切符の配分、宣伝、チラシまき、電話番、劇場費の支払いなどお金のことに終始し、公演日が迫まると、作品を生みだす産みの苦しみの傍で、とにかく幕が上がるまで身体が無事にと、出演者を心の中で叱咤激励し、お金については良い作品のためならスッテンテンになっても仕方が無いなどと、独り善がりの覚悟も決め、公演日に突入する。要するに私は制作をしたのではなく、公演を生む時のお産婆さんをしていたのだ。
実際に、私が息子たちを出産した時のお産婆さんの存在は、大きく素晴らしい。苦しむ私の傍らで、優しく、時には厳しく、一緒になって呼吸をし、力を込めて手を握ってくれた。新しい“いのち”が生まれる瞬間をともに共有できるお産婆さんとは、なんと果報者。でも“いのち”の証人に連休は無い・・  
今日のように全てが細分化され専門化されていくなかで、しかも全てが市場原理優先の経済構造の中で、舞台公演の制作に携わる人たちは様々な困難な問題に直面するだろう。しかし、どんなに時代が進んでも、私は制作活動の中にあるお産婆さんの役割を一番大切に思っている。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.4.30

今日は水曜掃除の日。といっても掃除をやるのは叡である。朝早く起きて、窓を開け放ち、叩きをかけ、隅から隅まで掃除機で吸い取り、雑巾で床をふき、勿論トイレもきれいにして、最後に玄関を掃いて、水を打つ。それから、埃をかぶった自分の身体をシャワーで洗い流す。そして終了。一年前まで、掃除は私の仕事だったが、リウマチの進行に従って、出来ないことが多くなった結果、叡にバトンタッチする。
1971年から始まった天使館の稽古は、週4回夜7時から掃除で始まる。誰がが決めた訳ではないのに、それはそうなのだ。稽古場に着いた順番に黙々と雑巾で床をふき、それから11時頃まで即興の稽古をする。稽古が進むにつれて、庭から眺めている私には、天使館の名に相応しい白亜の館が、灼熱の炎が渦巻く溶鉱炉のように見えてくるから不思議だ。人々がいなくなった稽古場の床には、人々のが脱ぎ捨てていった想いの滓が薄く積もっているのが見えるのも本当のこと。さあ全てを開け放って掃除をしよう!
天使館の傍らに住んで間もなく40年、私にとって掃除は大切な禊ぎである。

comment(0 )

ページのトップへ戻る