2008.7.10

二、三日前の新聞に、9歳の女の子が「殺す」とインターネットの掲示板に書き込みをしたという記事を読んだ。やれやれ、私の孫娘も間もなく8歳。彼女が9 歳になった頃は、7歳の子が同じような書き込みをするようになるのでは・・・。無意識の中に蒔かれた種は、感染症の菌のように知らない内に増殖する。これ は、決して書き込みをした9歳の女の子の責任ではない。では誰の責任?
私が息子三人を連れてドイツに渡った時、長男は10歳、次男は7歳、三男は4歳だった。それまで、各々が国分寺で学校や幼稚園で親しい友だちもでき、家に 帰れば隣近所の子どもたちと一緒になって戸外で走り回り、「ゆうやけこやけで日が暮れて・・・」と市の放送が聞こえてくると、3人揃って帰って来る、とい う彼らにしてみれば楽しい毎日だっただろうに、親の都合で友だちからも学校からも離され、言葉もチンプンカンプンの土地に連れてこられてしまったのだか ら、たまったものではなかっただろう。
4月にStuttgartにやってきて、三男だけは近所の幼稚園に入れたが、上の二人は9月の新学期を待たなければならず、さて困った。部屋には全く遊び 道具はない。友だちは無し。しかし、母親の心配をよそに、早速家を飛び出した三人は、格好の遊び場を見つけて来た。我々の住居から3、400メートルのと ころに、自然保護地区、通称Eichenheim(樫の里)があったのだ。Gott sei Dank!
お陰様で、彼らは日がな一日、森の中で“コンバット”遊びとか、“あしたのジョー”の登場人物になりきってボクシングのトレーニングをするのに費やして、 4月から9月までの5ヶ月間の母親にとっては魔の空白時間を乗り切った。ともかく“子どもはどの子も一緒、外で元気に遊ぶもの”と単純に考えていた私とし ては、遊ぶ場がない子どもたちを見ているのは辛かったのだ。
今日、国分寺には幸い史跡公園や広い緑地帯があるが、そこで遊ぶ子どもたちを見かけることが少なくなった。時代が私を呑気な母親でいさせてくれたのかもし れないが、小さかった息子たちと共に決定的に物質欠乏生活ができたことは、懐かしい喜びである。心から”Gott sei Dank!”

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2008.7.1

30年以上前のことなので、題名はすっかり忘れてしまったが、高椅たか子さんの小説で、自殺をするために三原山の火口に向う親友に同行して友の死を見届け る、というのを読んだことがある。観念小説とでもいうのだろうか、クールで乾いた文体のたか子さんの小説は、その頃子育て真最中の私には、暑い日に冷たい 湧き水を飲んだ時のような気分になったのを憶えている。“なるほど、自殺幇助か・・”現実には考えられないこんな言葉が、育児に追われている私の頭脳の隙 間にすぅーと入ってくると、妙に身体がすっきりして、3人の小さな息子たちにたち向うエネルギーが出て来たものだ。
ところで先日、インターネットで「苦しまずに死ねる薬」の広告を出した男のサイトに、自殺するのを助けて下さい、という女性からの書き込みがあり、その男は出かけて行って本当に助けてあげて、その女性は死んだ、ということを新聞で読んで驚いた。まさしく自殺幇助だ。
世の中に鬱病の人が多いと言われている今日、そういう人たちにとって、自殺幇助人は願ってもない存在だろう。私も経験したことだが、鬱状態になると、生と 死が反転して“生きるために死ななくては”という論理が成り立ってしまう。“死の世界が私の生きる世界”という思い込みが、次第にリアリティーを持ってく る。それは丁度、コンピューターの中のバーチャル世界が次第にリアリティーを持ち始めるのと似ている。すると「死」さえも、とても簡単に、まるで劇場のチ ケットを予約するように、予約でき、代金を払い、実行できる。なにしろ、バーチャルだから言葉が軽い。かつて西欧には、甘美な音楽を奏でて、実は愚かな人 間を死出の旅路に誘ったという“死神”がいたというが、コンピュータと死の関係は、そんなロマンティックなものではない。
やれやれ、コンピュタなんか無くなってしまえ、と怒りつつも、一方で目下調子最悪の我がiBookと格闘しながら、もう古くなったから買い換え時かな、などと思ったりしてしまうのはなぜだろう?

comment(0 )

ページのトップへ戻る