2009.1.18

友人と岩波ホールでグルジア映画[懺悔」を観た。何処なのか,誰なのか,何時なのか、何も分からず話は進む。過酷な時代の暗部を、現実から離れて、イメー ジの白光のもと、出来事も人物も、時に滑稽に、軽やかに、時には深刻、残酷に、美しいカラー映像の中に映し出される。まるで、シュールリアリズムの絵画を 観ているようだ。映画が終わった時、アブラゼ監督が私に強く語りかけてきた。
“これは遠く離れた、見知らぬ国の過去の出来事ではないのだよ。何時の時代でも、何処でも問い続けなければらない人間の問題なのだ”と。
久しぶりに映画芸術の可能性に触れて、今年初の映画鑑賞はまずまずの滑り出しだった。
ただ一言,この映画のロシア語の題名は「パカヤーニエ(現象)」と言うそうだが、私にとってこの方がずっとしっくりする。[懺悔」のほうが、日本人好みであるにしてもだ!
家に帰って、一昨年秋ニューヨークに滞在していた時、ダンサーのアリサからプレゼントされた、アフマートヴァ(Akhmatova)の詩集を開いた。スターリンと同世代の彼女は、独裁政権の過酷な状況の中で
詩人として生き抜いたという。1934年に書かれた彼女の詩を、D.M.Thomasの英訳から訳してみると、こうしてはじまる。
最後のパン
わたしは 破壊された私たちの家のために祝杯をあげる/このすべての悪意のために/あなたのために ともにあるわたしたちの孤独のために/わたしは乾杯するー
そして 凍った死んだ眼のために/私たちを裏切る嘘/荒々しく 残忍な世界/神は私たちをお救けにな らなかったという事実
・・・・・・・・・

「懺悔」の女主人公ケテヴァンとロシアの詩人アフマトーヴァは、わたしの中で重なっている。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2009.1.11

ベニサン・ピットFINAL エルフリーデ・イェリネク作『ウルリーケ メアリー スチューアート』川村毅◎台本/演出、いう案内状を昨年頂いた。えっ、ベニサン・ピットが無くなるの?
イェリネクと言えば、2004年にノーベル文学賞を取ったオーストリアの作家で、私と同年代のとても刺激的な女性。川村さんの演出で、手塚とおるさんも出 演なさる。内容ともども魅力があり、観に行かなくては、というわけで、7日の夜出掛けた。それにしてもベニサン・ピットが無くなるのは惜しいことだ。ダン サーの上村なおかのソロ・リサイタルや、麻実れいさんの「黒蜥蜴」、手塚さんの芝居など、そのつど国分寺から東に向かって一直線、都心を通過して隅田川を 渡り両国まで。そこからタクシーで隅田川左岸劇場に赴くのが私の行き方だった。何時ものことだが、ベニサン・ピットと書かれた古ぼけた蛍光灯の看板の下で タクシーから下ろされると、とたんに方向感覚を失ってしまう。昼の人間の営みも終わり、闇の中に深く沈んでいるような黒々とした町並みにひとり取り残され たような錯覚に陥る。劇場の入り口に回ると、開場まであと数分。闇の中から次第に人が集まってくる。倉庫のような厚い鉄板の扉に掛けられた南京錠がはずさ れ、さあ創造現場の溶鉱炉にどうぞ!ベニサン・ピットは何時もそんな不思議な体験をさせてくれる所だ。1970年代のベルリンの「赤軍派」事件と日本のあ さま山荘事件の日本赤軍派をオーバーラップし、「総括」「粛正」「革命」[闘争」などイデオロギーで武装した言葉が渦巻いていた頃の、私にとっては昨日の 様に思えることが、パレスチナ問題、世界的経済恐慌、雇用問題など様々な危機的状況の今日に結びつけられて見えてくる。さてその夜、川村さんの創造現場 は、出演者たちの熱も高まり溶鉱炉はフル回転だった。
帰路はひたすらに西に向かって国分寺までまっしぐら。今私は何が出来るのだろうか?なにをすべきか?などと思いめぐらしながら。凍てついた冬の夜、でもカラダの中はあたたかい。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2009.1.7

新年ももう七草。毎日毎日パレスチナとイスラエルの痛ましい紛争のニュースが続いている。
一月三日、家族が集まった。一年に一度とはいうものの、集まることが出来たのは非常に幸いだとおもわなければならないだろう。二日に8歳の誕生日を迎えた孫の那珠も、いつの間にか驚くほど成長している。
長男爾示の提案で、数年前から正月には家族で叡の父寅雄の遺骨が納まっている小平霊園の国立教会のお墓参りをするようになった。それから、我が家の近隣、国分寺やお鷹の道、真姿の池などを散策して、夜は飲み屋で新年会。
こんな何処の国でも何処の人にでもあるよう正月の家族の当たり前の風景。
世界の何処でも何時でも、そうであって欲しい・・・。

comment(0 )

ページのトップへ戻る