2009.6.10

先日、CAVEのシゲさんと、バス通りのマンハッタン通りを曲がって、静かな住宅街の道を歩いていると、前方の角から全長8メートルもあろうかと思われる 長くてデッカいはしご車が、狭い四つ辻をぎりぎりに大回りしてノロノロ走って来た。シゲさんがいうには、消防署の運転手は勤務中何があっても車から離れて はならないそうだ。たとえドーナツ一つ買いに行くにしてもだ。ヘェ~ホントなの?マンガみたいな話だねぇ!すると図体のおおきなあの車、今どこに行くのだ ろう。タバコでも買いに行くのか?
Bedfordから地下鉄に乗ると必ず誰かが私に席を譲ってくれる。混んでいる時でも、席が空くと座ろうとする人を制して、遠くから私に手招きして「ここ に座れ」と合図を送ってくる。そのようにするのは、何故か老若男女を問わず黒人が多い。日本の優先席で席を譲られる時の雰囲気とは随分違う。
宿の女主はマルタというポーランド人。その名のごとく親切で働き者だ。初めは分からなかったのだが、なんと宿の主夫婦は、調度品で飾られた大きな寝室や居 間や書斎のある、我々に貸している部屋の真下の半地下に住んでいた。ある日マルタは、その半地下に私を連れて行き、そこから通じる中庭を見せて「ここに 座ってパソコンをおやりなさい。気持がいいわよ。いつでもどうぞ」と言ってくれた。狭い中庭にはクレマチスが今を盛りと咲いている。紫の濃淡が爽やかな風 に揺れて美しい。「ポーランドに、貰い子で育てた息子と娘がいて、もう二人とも家庭を持ち、孫も3人いるの。戦争前のポーランドは、ドイツになったりポー ランドになったり大変だったわ。ロシア語、ポーラン語、ドイツ語だけしか許されなくて。全く自由はなかった。でも今は夫と二人で世界のどこにでも出掛ける わ。ついこの間私たちキリマンジェロに登ったの」「えぇ!すごい」と話は尽きない。そしてマルタは「私たち、いろいろな人に出会うの好きなの。それはとて もいい事だわ」と結んだ。
4月フランスのアンジェで出会った人たちと異なった在り方をマルタの内に見た。欧米諸国と一言で言うけれど、“欧”と”米”とは全く異質だ。
さて、ニューヨーク在住の日本人はみな、ブッシュからオバマに変わって人々の気分が目に見えて明るくなったと言う。うれしいことだ。
前回のニューヨーク滞在はマンハッタンだったが、今回はカジュアルな地区Brooklyn(10年位前までは近寄ってはならない無法地帯だったそうだ)での2週間。摩天楼のニューヨークではなく、庶民の生活の中のニューヨークを感じる事ができた。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2009.6.4

昨日は独りでバスと地下鉄を使ってUnion Squareの本屋に行った。満足に英語も読めない私なのに、外国に来ると何故か足しげく本屋に行きたくなる。2年前、1ヶ月半ニューヨークに滞在した時 も、Union Sqにある本屋Barnes&Nobleにはよく通った。5番街にあるその支店にもよく行った。ゆったりした店内に、あちこち置いてある座り心地のよい椅 子に座って、書架から好きな本を持って来て、何時まで読んでいても(私の場合は、眺めていても)何も言われない。とても落ち着くし、何より静かなのがい い。勿論何も買わなくてもいい。2階にはコーヒーショップがあり、そこでも本を読んだり、友人と歓談したり、パソコンをしたりのなかなかいい空間だ。日本 の本屋に較べて天井が高いのは、人の気分に決定的な違いを与える。
昨日は午前中だったのでお客もまばらで、とてもいい時間を過ごし、ご機嫌で外にでた。目の前のUnionSqは市場で賑わっている。有機農法で穫れた野 菜、果物、いろいろな種類の植木や花々、パンやチーズなどの店屋がいっぱい並び、私はレモンとブルーベリーの手作りパウンドケーキを5ドルで買った。それ から地下鉄の入り口に来て、自動販売機にお札を入れると、スゥーとお札は消え、カードは出ず、レシートだけが出てきてた。さて困ったぞ!パウンドケーキを 買ってしまったし、財布の中はギリギリだ。降りてからのバスのカードが買えなくなる。部屋まで帰れない。思わず隣にいた二人連れのメキシコ人の女の人に助 けを求めると、二人で大声であれこれとスペイン語で話し合ったあと、自分の財布から、自動販売機に消えてしまった分のお金を私の手に握らせ、さっさと改札 から中に入り、横にある職員の通用門を内側から開けて、私においでと手招きする。私がそこを通るとものすごい勢いでアラームが鳴り出した。不法侵入だ。そ んな事をものともせずに、彼女たちは私をLラインの階段まで連れて行ってくれた。私がお金を返そうとすると、別の販売機でカードを買えという。自分たちは 出てきたレシートでお金返してもらうからという。助かった。Thank You!
地下鉄に乗り、渡されたお金を数えると1ドル少ない。なるほど、ちゃっかりしているなぁ~。でも彼女たちの親切は身にしみてありがたい。1ドルなんて安すぎるではないか。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

2009.6.2

ニューヨークに来て1週間が過ぎた。フランスに行ったりイタリアに行ったり、旅ガラス的な生活が続いている。お陰で国分寺の我が家はいつも楽屋状態。もう40年以上このような状態なので、恐らくこの先もそれほど変わらないであろう。
マンハッタン島からハドソン川を渡ったブルックリンにあるヒメナとシゲさんのダンススタジオCAVEが今回の叡のワークショップの会場だ。
空港に迎えに来てくれたシゲさんの車で案内された最初の宿は、若い建築家夫婦の留守宅のアパートメントをそっくりそのまま借りたところで、寝室にはずらり と彼らの洋服がむき出しに吊り下がっており、キッチンの流し台には、出掛ける前に使ったと思われる食器が仕舞われずに置いてある。勝手によそのお宅に入り 込んだようで落ち着かない。が、一晩寝るともうすっかり自分の住処になった気分になるから面白い。
3日後、高校の歴史の先生をしているポーランド人夫妻のアパートの一階の部屋に引っ越す。家主の奥さんのロココ調の好みがあちこちにうかがえる部屋の棚 に、歓迎の印として花瓶に挿した純白の薔薇が置かれていた。私のような能天気な人間にとっては、少々気恥ずかしい部屋であるのだが。さて、どのようにこの 空間を自分のものにしようかな・・・・。
今日は久しぶりに叡がオフの日だ。天気もいいので、これからマンハッタンのユニオン・スクエアにある本屋にいこう。それから7時にみつたけと待ち合わせて、飯でもたらふく食わせよう。

comment(0 )

ページのトップへ戻る