細江英公先生のお祝いの会

「細江英公氏の文化功労者顕彰を祝う会」に、叡とともに出席した。会場となった新宿京王プラザホテルのエミネンスホールは、これまでの先生の偉大な功績をたたえて、各方面から集った多くの方々で賑わった。

会場で、詩人の白石かずこさん、故澁澤龍彦氏の夫人龍子さん、大野慶人さん、平凡社の清水壽明さん、溝端俊夫さん、故種村季弘氏のご子息や、故土方巽氏のお嬢さんガラさんなど、懐かしい方々にお目にかかった。

2003年の秋、川崎市岡本太郎美術館で開催された「肉体のシュルレアリスム」―舞踏家土方巽抄―展の、オープニングの日だったと思う。イベント会場に、細江先生が杖をつかれて入ってこられ、膝を庇うようにゆっくりと私の隣の空いている席にお座りになった。

私が膝の具合をおたずねすると、「膝がどうもねぇ。具合よくない」などとおっしゃる。私も経験があるので、きっとお辛いのだろうなぁ・・・と思っているうちに、取り壊されたアスベスト館の稽古場の床板を敷いて作った舞台に、故大野一雄先生が車椅子で登場。すると、前列の桟敷の観客たちが、一斉にカメラを取り出し、あちこちでシャッターを切り始める。その途端、それまで私の隣で、杖の頭に両手をのせて座っていた細江先生が、やおら杖を椅子の下に転がして、鞄から小さなカメラを取り出して、最前列のセンターめがけて、ベースに滑り込みする野球選手のように、その巨体を横滑りさせ、横になったままシャッターを押しはじめた。その敏捷さ、素早さを目の当たりにして、私は、なぜかとても嬉しくなったのを鮮明に覚えている。

お祝いの言葉に応えて、先生は「今私は79歳ですが、2039年までは仕事をして頑張ります」と話された。2039年は写真発明200年にあたるそうだ。

お話を聞きながら、また私はなぜか嬉しくなった。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

ゆきがふる

数日前、新聞で死刑囚永田洋子さんが獄中で病死したとの記事を目にした時、こころのどこかが哀しく、また「そうだったの」とどこかが軽くなった。親戚でも友人でもない私が、凄惨なリンチ殺人の犯人の彼女を「洋子サン」と親しげに呼んでしまうのは、ただほぼ同じ時に生まれた二人の女の子が、ある時から一方は死刑囚となり、もう一方は結婚して母親となり、同じ時間を同じ空気を吸って生きてきた、という見えない繋がりを感じるからだと思う。

洋子サンが、1972年2月群馬県の山岳アジトで逮捕されてから、死刑囚となり、留置所の独房の中で病死する今年の2月5日までの40年間を、何を思い、何を見つめ、どのように生きていたか、私には想像できない。

きっと女学生だった頃の彼女は、平和な世界を願って、夢と希望をたくさんもっていたのだろうに。(私もそうだった。)その女の子が、どうしてあのような恐ろしい事件を起こしてしまったのだろうか? 極限状態、権力欲、男女問題、性格、嫉妬、いじめ、弱さ、虚栄心・・・。外側からは、どのようにでも言うことができようが、その当時、事件を新聞で読んだ私は、その事件の首謀者が、自分の年齢とたった2ヶ月しか違わない女性であると知って、何故か哀しみでいっぱいになったのを憶えている。

これから、この人はどうやって生きていくのだろうか? 独房の中で、死刑囚として自分の死に向かいながら、ひたすら犯した罪をカラダの中に深く刻印し、罪の償いをし続ける・・・。果たして罪を償いきれるのだろうか?

そんな風にして、子育てを始めたばかりの当時28歳の私の心の片隅に、洋子サンの存在が住み始めた。

今日、東京は珍しく雪。午後から「ザ・高円寺」に、今村昌平の「にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活」を観に行く。戦後25年の歴史のドキュメントタリー映画だ。安保闘争、学園紛争、ヘルメットをかぶった学生たちと機動隊とのはげしい攻防戦。火炎瓶が炸裂する。ゲバ棒をもつ洋子サンも、あの渦の中にいたのだ。それから2年も経たない2月、春を待つ冷たい山の中で・・・・。

国分寺に戻ると、雪はみぞれに変わっていた。そうだ!駅の花屋で梅の枝を買っていこう。もうすぐ春がくる。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

再びミシマ

明日からシアターコクーンで始まる蜷川演出「ミシマダブル」の一方の芝居三島由紀夫の「我が友ヒットラー」のチケットの最後の一枚を買うことができた。もう一方の「サド公爵夫人」は既に完売。とても残念だが仕方が無い。

私はこの「サド公爵夫人」の初演を、新しく建った新宿紀伊国屋ホールで観た。40数年も前のことだ。もともと演劇が好きだったので、文学座の会員になったりして、信濃町で行なわれる文学座アトリエ公演にしばしば出向いたりしていた頃だが、この紀伊国屋ホールでの「サド公爵夫人」との出会いは、後にも先にも無いほど新鮮で衝撃的なものだった。何がどうして、と言葉では言い表し難い。今でも「サド公爵夫人」と思っただけでも、私のカラダの中に凛とした空気と香りが甦る。

女学生の頃に、この芝居を観ることができて本当によかった。

comment(0 )

ページのトップへ戻る