11月のBROOKLYN つづき

11月11日(金)昨晩遅く、雨が降っていようだが、今朝はきれいに晴れ渡っている。私たちの居る部屋から、CAVEまでは7ブロックしか離れていない。パンとコーヒーで簡単な朝食を済ませ、これまた簡単なお昼のお弁当を作って、外に出ると、ワァ〜寒いではないか。日差しは明るいが、空気は昨日までと打って変わり、グッと冷たい。

さて今回我々のBROOKLYNの滞在先は、前もってシゲさんがネットで探したエミリーさんという若い女性の部屋だ。彼女は我々の滞在中は、上の階に住むボーイフレンドのところで生活する、と聞いていた。まだ新築で、壁も真っ白、大きなリビング、ゆったりとした寝室。彼女はここを買ったそうだ。あの若さで,こんなご時世に、マンションの一室を購入するなんて。ハハァ〜ン、時々部屋を貸して、ローンの返済に充てるのだろう、と思いきや、昨日の昼間、大工さんがやってきて、5時間あまりで、広いリビングにドア付きの真っ白な壁を作り、あっという間に、エミリーの寝室が出来上がり!「今夜は上だけど、明日からここよ。よろしくね。バァ〜イ」とご機嫌で去っていった。「何と言ったか分かる?」と叡に聞いたが、答えはナシ。明日からこの部屋に住むのかしら・・・。

今日になって、事情が判明した。CAVEのワークショップから戻り、バスルームに入ると、何とエミリーの洗濯物がバスタブの上にいっぱい干してあるではないか。しかもボーイフレンドの物まである。これはどういうことか?と思う間もなく、大きな荷物を抱えて、エミリーと彼がやってきて、出来立ての小さな部屋に、すっぽりとふたりで収まってしまった。という訳で、これから日本に帰るまで、私たちのBROOKLYN滞在は、若いカップルと薄い壁を隔てての共同生活となったのである。これもまた愉し!!!

comment(0 )

ページのトップへ戻る

11月のBROOKLYN

今日は、11月10日(木)。ニューヨークに来て4日目だ。日付け変更線を通過してケネディー空港に向かう機内で、「現地は摂氏7度」というアナウンスがあった。やっぱり想像していた通りの寒さだ、と覚悟を決めて空港に降り立ち、迎えにきてくれたCAVEのシゲさんと外に出ると、ライトブルーの冬空のもと、空気はひんやりと気持ちがいい。それほど寒くなく、ああよかった!

2年前、叡と一緒にCAVEのワークショップに来たのは、確か梅雨の頃だったと思う。その年の初め、オバマさんがアメリカの大統領に就任した。「ブッシュが替わって、ニューヨークの空気も軽くなったよ」と、その時何人かの友人から聞いた。それからわずか2年しか経っていないのに、今や、日本に於いても世界に於いても、解決不可能な政治、経済、文化の諸問題が雪崩の勢いで襲いかかってくる。

そんな状況の中で、BROOKLYINにスタジオを持つシゲさんとヒメナの活動は、2年前よりますますエネルギシュだ。様々な国の若者たちが、CAVEの空間で自由に創造作業を繰り広げている。目まぐるしい時の変化の中にあっても、着々と豊かな空間が育っていく。なんと力強いことか!!

マンハッタン島の隣ブルックリンは、シゲさんが10数年前に住み始めた頃は、無法地帯だったそうだ。今では、摩天楼を誇るマンハッタンとは異なり穏やかな住宅街だ。そんなブルックリンでも、今回新しい高層ビルをいくつか見た。

「旧い建物に囲まれたブルックリンのよさが、だんだんなくなるのはさみしい」ポツリとシゲさんが呟いた。

「いやいやシゲさん、外がどんなに冷えても、内は燃え続けて欲しいわ」とわたしは、心の中で呟いた。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

もう、11月!

気がついたら、今日はもう11月1日、霜月だ。

午前中、大森正秀さんから、9月下旬「血は特別のジュースだ」の公演のために訪れた、ハンガリーのブタペストでのスナップ写真が、数葉送られてきた。ドナウ川の岸辺に建つ大きな石像の前で、大森さんが撮ってくれた叡と私のツーショット(あの頃はまだまだ暑く、夏日が続いていた)。メルリン劇場の広間の大テーブルの横で、大野悦子さん、秦宣子さん、大森正秀さんとご一緒に一枚。フェスティバル「Japan is here」の開催中、参加者たちは皆、昼に夜にそのテーブルを囲んで食事を共にした。大市場の屋内にある八百屋さんの前で、禮示と秦さんと私。どれもこれも懐かしい。

あれから、京都、横浜と公演が続き、一昨日やっと九日間のエマニュエル・ユィンと叡の、森下スタジオでの稽古と公開デモンストレーション及び最終日のシンポジュームが終わった。

シンポジュームの席上でパネラーの一人から、「全身ダンサー」と称されたエマニュエルも、翌日の朝早く、二人のお嬢さんが待つフランスのアンジェに向かって飛び立った。「秋休みのほとんど、ママなしで過ごさせてしまったわ。せめて残りの二日間は子どもたちと一緒にいたいの」と言いながら・・・。

そして今夜、天使館では11月4日に国分寺の老人介護施設「すかやか」でのオイリュトミー・デモンストレーションの稽古が行われている。叡を交えてオイリュトミスト数名で、「すこやか」にショートステイしておられるご高齢者の皆さんにオイリュトミーを披露するという訳だ。初めての試み。楽しみでもあり、心配でもあり、緊張する。

大森正秀さんは写真とともに一言付け加えてくれた。「ニューヨークは雪とか。ニューヨークの路上で滑らないように・・・」と。優しいなぁ。来週の今頃は、ニューヨーク。寒いだろうなぁ。

11月は、外の闇が最も深まっていく季節。ひとの優しさが、心に光をともす。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

笠井久子ブログ

CATEGORIES

  • カテゴリーなし