土方さんの思い出

私が初めてアンジェに来たのは、2010年の春のことだ。アンジュ城の近辺の路地には、小さな商店が並んでいて、お気に入りの店(小さな小物の店とか、文房具屋さんなど)を見つけると、何度も足を運んで、お土産選びを楽しんだものだ。今回もまた、おなじ店に行ってみたが、何故か様子が違う。細かい品物が多くあり、どれもこれも日本で見るのと同じ様なもの。つまらないなぁ。

昨日、我々の屋根裏部屋の食堂で、アキラがエマニュエルとマチュウの3時間のインタヴューを受ける。通訳のユウコさんが、「パリは4度だったけど、アンジェは暖かいわね」と言いながら入ってきた。食堂の四角い窓ガラスを通して、久しぶりに淡い陽の光が差し込んで、窓辺に置いた黄色のチュウーリップが美しい。静かな日曜日の昼下がり、インタヴューが始まった。

「犯罪ダンス、暗黒ブヨウ、暗黒ブトウ、ブトウ、マルキ・ド・サド、ジャン・ジュネ、アンドレ・ブルトン、ロートレアモン、フランス革命、ヒジカタタツミ、オオノカズオ・・・・」

エマニュエルのフランス語とユウコさんの日本語を聞きながら、遠くに見えるブルーの空を眺めていたら、急に、50年前にタイムスリップ。

その日、私とアキラと土方巽さんは、虎ノ門ホールで高井富子さんの舞台を観た後、銀座のコックドールの2階にいた。大工さん刈りの土方さんは、白いワイシャツを着ていた。アキラはその日、高井さんの舞台で一緒に踊ったので、空腹に任せて、早速ビフテキを注文すると、すかさず土方さんは「ボク、サラダ」とウエイトレスに言った。「さすがにダンサー。自分のカラダのこと考えている」とその時私は大いに感心したのだが、実はその時お金がなかったのだと、後で判明した。土方さんがまだ30代の後半で、私たちが20代の若造だった頃のこと。あの頃は、お金がなくてもよく遊び、よくしゃべり、よく呑んだ。たのしかったな。

銀座通りに面したコックドールの店の、白いレースのカーテンの向こうの夜の銀座の光。金が無くても「王者の雰囲気」の土方巽。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

サンナゼール

サンナゼールには正味2日しかいなかったが、奇妙な印象の町だった。

サンナゼールは、第2次世界大戦でドイツ軍に占領され、終戦間際アメリカ軍によって解放されたが、町は完全に壊滅したと言う。今でも埠頭には、占領時にドイツ軍が造った分厚いコンクリートの潜水艦造営場の壁が残されている。いや、残ってしまっていると言ったほうがあたっているかもしれない。なぜなら、今でもこの怪物の様な物体を壊すには、莫大な費用を要するらしい。なにしろ、爆撃でむき出しになったコンクリートの中を見ると、埋め込まれている鉄筋の数が半端ではない。というわけで、サンナゼール市では、これを負の遺産として残すことにした。

そして、道路を挟んで対面するように、素晴らしい現代的な劇場がある。アートの町の誕生だ。

戦争をするのも人間であり、芸術をするのも人間だ。

中世から続いている古城の町アンジェに戻ってきて、サンナゼール市で感じた痛みと希望が奇妙に入り交じった印象がますます鮮明になっていく。

そんなサンナゼールで「Spiel」公演が出来てよかった。たった1回の舞台だったが、とりわけその日のエマニュエルは美しかった。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

踊り子人生

昨日の午後、アンジェから新幹線で1時間、大西洋に面した漁港St.Nazaireにやって来た。エステルが用意してくれた1等車の座席には、パリから乗ってきたと思われる上品な老婦人がふたりが既に座っていて、ポニーテールの髪型で、白いフレームの鼻眼鏡をかけたアキラをチラッと横目で見て、二人で目を合わせフフと笑った。パリのモンマルトル辺りならいざ知らず、こんな片田舎のフランスでは、アキラが国籍不明、年齢不詳の人物に思われるのは当然で、私はむしろ、アキラを見るフランス人の反応を見るのが愉しい。

どんよりとした灰色の冬空がどこまでも続き、列車は、溢れる勢いで流れる水嵩の増した川の側を走って行く。30分もするとナントに到着。昔高校生の頃、ナントの公会議なんて教科書に出てきたなぁ、などとぼんやり考えていると、灰色だった遠くの地平線が、白み始めて薄日が射してきた。雨が止んだのだ。

ティー・ファクトリーの平井さんに、鶴屋南北戯曲賞をお受けになった川村毅さんへのお祝いのメールを送ったら、返事を頂いた。そこに、「おふたりとも、旅の人生ですね」とあった。思い返せば、50年前、アキラがキャバレーのショーで、日本各地を旅していた時と今と、さほど変わりはない。

踊り子人生、自由が何より!だ。さて今夜のSt.Nazaireの「Spiel」は・・・・。新しい時がやってくる。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

踊り子は自由が何より

昨年暮れ、エマニュエルは、8年間努めたCNDCの芸術監督をめでたく退任した。彼女自身はもう少しCNDCで仕事を続けたかったらしい。留任の運動もあったらしい。でもいいではないか、ダンサーに肩書きは必要ない。踊り子は自由が何より。

そのように自由になったエマニュエルとアキラのデュオ「Spiel」を5月17、18、19日吾妻橋のアサヒ・アートスクエアで公演する。乞うご期待である。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

アンジェに雪が降る

アンジェに来て1週間経った。昨夜4回目の『Spiel』の公演を済ませた後、バーでワインを一杯と、という若いスタッフたちに、「またあしたね!」と挨拶を交わして、CNDCを後にした。体の中に燠のように残っている今日のパフォーマンスの余韻が、戸外の冷気に触れていっそう鮮明に甦る。

メーヌ川を挟んで、コンクリートで出来た大きな四角形の現代建築物CNDCの対岸に、今日フランスで現存する城で、もっとも古いアンジェ城が、崖の上に微かなイルミネーションに照らされて、夢のように浮かび上がって見える。なんと美しいことか!なんと清楚なことか!・・・・1000年前には、堅牢なこの城塞で、多くの人々が戦い、夥しい血が流され、どんなにか残虐な殺戮が繰り返されてきたかというのに。

静まり返った石畳の道を歩く自分の足音を聴きながら、心の中で、隣で黙々と歩いているアキラに向かって「今日の舞台面白かった」と呟いた。

お互いの探り合いから始まったエマニュエルとアキラの「SPIEL」の作品創りも、もう4年になろうか。不思議なことに、次第に二人の顔が相似形になってきたではないか。夥しい未生の言葉を流しながら、新しい何かが生まれてくるように。

そして今朝、起きてみると雪が降っていた。昨夜帰り際に、通訳のYUKOさんが「明日は雪ですから、5時15分にエマニュエルが車で迎えにいきます」と言っていたっけ。今夜がCNDCでの「SPIEL」最後の公演だ。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

年の終わりから始まりへ

いつの間にか、国分寺の杜から聴こえていた除夜の鐘が、八幡さまの大太鼓の音に変わっている。志村ふくみ先生から頂いた先生の『薔薇のことぶれ』—リルケ書簡ーを読んでいるうちに、ふと気が付くと2012年が過ぎ、新しい年が明けていた。

およそ100年前に書かれたリルケの、妻クララに、タクシス夫人に、ルー・ザロメに、その他詩人が出会った女性たちに宛てたおびただしい数の手紙。どれもこれも驚くほど美しく、深く、正直な言葉の数々。

私は、志村先生の著書からいつも多くのことを学ぶ。『薔薇のことぶれ』の前に出された『晩祷』—リルケを読むーを読みながら、本を読むということは、正直に自分に向うことなんだ、ということを教えて頂いた。あと数年で70歳にならんとする時まで、こんなことがわからなかった自分にあきれる。

「自分の考えを自分の言葉で書け」(吉田秀和)という言葉を引いて「自分の言葉とは自分の生き様そのものだと思った時、そこにリルケがいた」という先生の文章を読んだとき、ふと肩が軽くなったような気がした。

さて、あれこれ思い巡らしているうちに、丑三つ時に家を出て、御岳山にご来光を拝みに向った叡と禮示は、無事に山の頂きに着いたかな。

comment(0 )

ページのトップへ戻る