秋の日

どうなることやら、と思っていた「笠井叡 日本国憲法を踊る」も先週の日曜日に無事終わった。その日は、奇しくも大野一雄先生のお誕生日。台風一過の翌日、澄み切った秋の空から「カサイサン、カサイサン(生前大野先生は,アキラをそう呼んでいた)もっと静かに、静かに、ゆっくり、ゆっくり・・・」などと呟かれていたのではないだろうか。取りあえず、多くの方にご覧頂き、感謝、感謝。

秋になると、5年間暮らしたドイツのStuttgartが無性に恋しくなる。透明に張りつめた空気の中で、Silber Wald(銀の森)の樹々の葉は、黄金色に染まり、その1枚1枚の重なりの隙き間から、美しく淡い陽の光が差し込む。冬支度に入る前の秋の一日、子どもたちのお楽しみ、Strasse Fest(ご近所祭りとでも言おうか)が行なわれる。隣近所のお父さんたちは、協力してテントを張り、グリルの炭火を熾して肉を焼く準備をする。とりどりの秋の実りの果実で、おいしいケーキを焼くのは、お母さんの仕事。一時の楽しみが過ぎ去ると、冬が一気にやってくる。

もうかれこれ30年以上まえの風景。でも秋になると、その時の空気の冷たさ、匂い、光の色,風の音が、からだのなかに蘇って・・・などと、心地いい秋の陽だまりで夢想に耽っていると、名古屋の中村眞貴子さんからメールが届いた。

曰く「いよいよ、『蝶たちのコロナ』の名古屋公演です」そうだ!名古屋で初めての天使館オイリュトミー公演が、間もなく幕開きする。

11月8日(金) 18:30開場/19:00開演 愛知芸術文化センター小ホール 前売り2700円 当日3000円

30年前のある秋の日、シュツッガルト・オイリュトメイム日本公演で来日された、叡のオイリュトミーの師、故エルゼ・クリンク女史は、叡の舞踏の師である故大野一雄先生と対面なさった。対極の、偉大なふたりの師。このおふたりも透明な秋空のむこうで、静かに幕開きを待っていらっしゃるような・・・。

乞うご期待!!

comment(0 )

ページのトップへ戻る

笠井叡 日本国憲法を踊る

9月末の、琵琶湖合宿のテーマも「日本国憲法」だった。今度は、カラダで「日本国憲法]を踊るという。果たしてどうなる事か。

40歳の若さで青函連絡船洞爺丸の海難事故に遭い、あえなく亡くなった叡のお父さん(寅年生まれなので寅雄という)は、ごく普通の家に育った人らしいが、誰に聞いても、頭がとびきりよく、当時最年少で司法試験に合格し、裁判官になった。今、タンスの上に置いてある法衣を着た寅雄さんの遺影を見ても、我が三男と同じくらいの歳とは思えないほど、立派に見える。その奥さん、つまり、叡のお母さんの話によると、めっぽう頑固で厳しい人だったという。そのころ、ターザン遊びに熱中していたアキラ少年は、よく寅雄さんにお目玉を食らったらしい。寅雄お父さんにとって叡は長男。法律学者ならまだしも、まさかダンサーになろうとは!!

朝の食卓で、私が「寅雄さんが生きていらしたら、憲法について聞きたいわね]と言うと、叡は「地上の法は宇宙の法。宇宙の法は地上の法。寅雄さんと僕は同類項だ」と言いながら、抗がん剤を服用する。ヤレヤレ、どうなることやら・・・・。

comment(0 )

ページのトップへ戻る