手紙(80.9.26)秋のお祭り

11月13日の夜、パリで起きた同時多発テロ事件に、私の二人の友人が遭遇していたということを、後で聞いてびっくりした。ひとりはイタリア人で、もうひとりは日本人。二人ともたまたまパリに滞在していたという。二人とも無事だったからよかったとは言うものの、今では、何時何所で何が起こっても不思議ではない。そう思うと、35年前、家族5人で5年間ドイツで何事もなく暮らしていたころは、遥か昔のことに思えて来る。
言葉も出来ず、子どもたちの学校も決まらず、おまけにお金の蓄えもなく、それでも、「同じ地球の上、鬼が棲んでるわけでもあるまいし・・・」と言ってくれた人の言葉を信じて、自分でも、なんとかなるさ、と思い、夢をいっぱい膨らませて、ジャンプ!!それは、ついこの間の、たった35年前のことなのに、悲しいことに、なんと世の中は変わってしまったことだろうか。 

1980年9月26日
いよいよレイジが独りで下校する練習を始めました。まず私が、リーデンベルクから市電のシャロッテン駅まで下って、そこで、学校のあるクレアヴァルトの丘から、バスで下ってくるレイジと落ち合うことにしました。練習の初日の朝、霧の深い肌寒い日だったので、チカシと二人が登校してから、迎えにいくまでとても不安でしたが、待ち合わせの時間に駅で待っていると、赤いランドセルを背中に、小さな体をチョコチョコ揺らして、無事にレイジが階段を下りて来るではありませんか。なにしろ、途中で何事かが起こっても、連絡するすべを持っていないと思うと、ヒヤヒヤですが、兎に角実行する他ありません。明日からは、全行程独りで帰宅すると、彼は張り切っています。さて、明日は、ミツタケの幼稚園で感謝祭です。小さな籠に収穫物を入れて、子どもたちが幼稚園に持っていきます。そして、その翌日は、ミカエル祭。手作りの弓と矢で、ドラゴンと戦います。さて、今週の火曜日にオペラ座に、クシシュトフ・ペンデレツキのオペラ「失楽園」を観に行きました。6マルクで購入した天井桟敷の席から舞台を見下ろし、伝統あるヨーロッパのオペラ座の観客とオーケストラの雰囲気に感動しました。では、また書きます。お大切に、久子

comment(0 )

ページのトップへ戻る

手紙(80.9.21) 学費免除のお知らせ

Stuttgartから国分寺の母(アキラのお母さん)に送った手紙のほとんどが、簡易封筒(いわゆるミニレター)に書かれている。ドイツの簡易封筒は、確か文房具屋さんで、何枚もまとまった一冊を購入したように記憶している。ブルーのミニレターの上に、60ペニッヒと50ペニッヒ(ベルリンの壁崩壊前のマルクの時代)を貼って、投函した。日本からのお母さんからの手紙もミニレターで、郵便局で購入したレターの上に、既に切手の図柄と120円と印刷されていた。時々、簡易封筒を買い忘れ、封書で出した手紙は、50ペニッヒを3枚貼った。ミニレターが1マルク10で、封書が1マルク50というのが、高いか安いか分からないが、当時は、その1マルク10に、出来るだけ細かく生活の思いをのせて書き綴った様子がうかがえる。メールでリアルタイムで相手に思いを伝えられる今日とは、随分違う。

9月21日(日曜日)
9月に入って、こちらは再び夏のような暑さと晴天に恵まれています。・・・・・・・さて、チカシとレイジの学校が始まって2週間目の日曜日。日本に居たときと違って、週末の嬉しさはひとしお。土曜日は、ミツの幼稚園がお休みなので、二人で市電とバスに乗り、クレアヴァルトまでレイジを迎えに行き、帰りに3人でNanz(スーパーの名前)で、2日分の食料を買い、手分けして家まで運ぶのです。こちらでは、土曜日の12時から翌日曜日丸一日何処もかしこも店は閉まってしまうのです。おまけに、ドイツ人は、土日は家族揃ってお出掛けしたり、友人を招待したりして愉しむ日。安息日ですものね。我が家でも、土曜の晩は、翌日は寝坊できるとあって、親子共々何となく、うきうき気分で、トランプをして夜更かし。今朝は、何と10時に、ロベルト君の呼び鈴で起こされました。彼は、家族でシュベービッシュアルプに、くろイチゴ採りに行くので、チカシを誘いにきてくれたのです。チカシが大喜びで出掛けてしまった後、おいてきぼりのレイジとミツは大層不満顔。そこで、アキラがジルベール・ヴァルト(銀の森)に、二人を連れて、お弁当を持って出掛けました。そこで、やっと独りになった私の出番です。基本的に安息日には、仕事をしないのが礼儀のようですが、キリスト教徒ではない私は、そうもいかず、1週間のチリホコリをすっかり掃除しなければなりません。(平日はその時間はありません)兎に角、彼らが帰ってくる前に、すっかりと爽やかにしておこうと、また、明日からの毎日に備えて、大忙しです。
さて、チカシもレイジも毎日元気に学校に通っています。チカシの今のエポック授業(基本授業)は絵で、レイジは、1年生なので基本授業だけでお終い。11月からは、英語とロシア語を勉強するそうです。ミツのお迎えは、毎日ですが、レイジのお迎えは、そろそろ1人で帰れるようにしようと思います。ドイツ人に言わせれば「何と非常識な親か!!」と言うでしょうけど、致し方ありません。私のリウマチは、今のところ、週1回の注射とクスリで何とか治まっています。規則正しい生活が何よりで、友達が、音楽会や講演会に誘ってくれるのですが、自分の身体のことを考えると、積極的になれず、情けないです。他の人から見ると、とても元気そうに見えるのでしょうね。でも、外国生活で母親が病に伏したら、子どもたちはとても可哀想だし、折角の新しい生活が楽しくありませんものね。安全第一と考えています。という訳で、日本に居たときのように、寝込むことも無く、朝の痛みを我慢する程度です。ではまた書きます。久子
追伸:クレアヴァルト・ヴァルドルフシューレのチカシとレイジの学費は、全額免除というお知らせがありました。ありがたいことです!!

comment(0 )

ページのトップへ戻る

手紙(80.9.16)クレアヴァルト・ヴァルドルフシューレに入学の頃

9月16日
さて、こちらは、チカシとレイジが、目出度くヴァルドルフシューレに入学して、通い始めてから2週間経ちました。まず、入学式の日のことを書きますね。
その日は、家族5人揃って、クレアヴァルトのヴァルドルフシューレに行きました。学校の敷地に入ると、直ぐに10歳くらいの男の子たちが、駆け寄ってきて、チカシに「きみは、僕たちのクラスに入るんだよ。こいよ!」と言って、みんなでチカシの手を引っ張って、教室の方に連れて行ってしまいました。チカシの担任のライン先生が、5Bのクラスの子どもたちにチカシのことを既に話してくれていたみたい。5Bの教室を覗くと、コチコチに固まっているチカシの周りを、体が一回りも大きく見える男の子や女の子が取り囲み、あれこれと教えてくれている様子。チカシは分かっているのかなぁ、ドイツ語が通じているのかなぁ、などと心配してもどうしようもありません。まあなんとかなるわ、とあっさりとチカシを置き去りにして、4人でレイジの入学式場に行くと、ホールの舞台上に、新入生の両親、おじいちゃん、おばあちゃんなどの席があり、観客席に新入生と在校生たちが並び、対面していました。そこで、レイジは観客席に、アキラと私は、ミツを連れて舞台上に上がると、いよいよ式の始まり。上級生のヴァイオリン二重奏に続いて、先生のお話。そのお話の真っ只中、ミツが突然、話をしている先生の前にちょこちょこと出て行き、どこにレイジがいるのか舞台の上から探してい様子。観客席の生徒たちからはクスクスと笑い声。舞台上の先生、親たちは、ニコニコ顔。新入生の中に埋もれ、丸まっている小さなレイジは、と見ると、「ミッちゃん、やめてくれよぉ〜」と、顔を歪めて困り顔。面白い一幕でした。それから、クラス担任の発表があり、まず、A組の女の先生のクラスから、一人一人子どもの名前が呼ばれ、呼ばれた子どもは前に行って先生と握手します。レイジは緊張のあまり、上を向いたり、下を向いたり、ため息をついたり・・・。B組になって、ついに「REIJI KASAI」と呼ばれると、しっかりした足取りで前に進み、ヘルムート・リントハイマー先生と握手。目出度くヴァルドルフシューレの1年生に入学しました。やれやれです。
そして今や、毎朝、6時45分に、やっと白み始めた冷たい空気の中にふたりを追い出すと、勢いよく市電の駅までふたりして走って行きます。彼らにとって何より嬉しいのは、お菓子を持って学校に行けること。日本では考えられませんよね。そんな訳で、こちらは皆毎日忙しく、でも、元気です。日本の秋が懐かしいぃ〜!!
また書きます。お大切に。久子

comment(0 )

ページのトップへ戻る

手紙(1980.9.4) Stuttgartから国分寺へ

1980年4月19日に渡独し、家族5人で西ドイツのStuutgart Isolde-kurz str.52 で生活を始めた。ドイツ語も出来ず、飛行機にも初めて乗り、韓国→フィリピン→ドバイ→サウジアラビア→チューリッヒの南回りで約30時間の飛行。そこから列車で4時間。アキラが探してくれた家族5人の住処に着いたのは、夜もとっぷり暮れた真夜中だった。4月とはいえ、凍るような寒さのなかで見渡した夜空の星の煌めきの美しさは、忘れられない。それから、約5年半、真新しい日々の生活を書き綴り、国分寺に独り暮らす姑に送り続けた。

9月4日 夜9時30分
今やっと、3人をベットに入れたところ。レイジは既にスヤスヤ。ミツは1人でおしゃべりしています。昨日、不足の衣類についてのお葉書を頂いたので、早速今日デパートに行って、衣類を調べました。これから初めてのドイツの冬。どのくらいの寒いのか覚悟をしていますが、最初に日本から送った冬の衣類だけでは少々不安です。なにしろ4月から約5ヶ月経ちましたが、その間の子どもたちの成長はめざましく、ズボンなどは、3人とも既にツンツルテンです。欲しいものは、消耗が激しいズボン類とズボン下です。真冬のオーバーは、デパートの安売りを狙って、アノラックを買おうと思っています。9月中旬から、アキラのオイリュトミーシューレが始まり、子どもたちが、ヴァルドルフシューレに通い始めると、買い物に行き時間はなくなります。朝6時に起床。7時にチカシとレイジを送り出し、7時半にアキラが出掛け、8時半にミツを幼稚園に届け、直ぐに丘の向こうのクレアヴァルトのヴァルドルフシューレまで、市電とバスを乗り継いで,約1時間、10時までに、レイジを迎えにいきます。レイジを連れてトンボ帰りして、12時にミツを迎えに行きます。こちらは車社会ですから、親たちは全て自家用車で、低学年の子どもたちの送り迎えをするのが当たり前で、市電とバスで迎えに行く親は、たいそう珍しいようです。まして、日本人の小さな男の子ふたりが、朝は親なしで通って来るなんて!きっと、ドイツ人はあきれていることでしょう。でも致し方ありません。何時までレイジのお迎えが必要か、分かりませんが、当分はこのスケジュールで行きます。
さて家の方も大分部屋らしくなり必要な物も次第に揃ってきました。昨日は、子どもたちだけで、市電の5番に乗って、1時間以上かけて終点まで行きました。先日服部さんから、5番の終点にドイツ赤軍派の連中が入っていた刑務所があると聞いたので、チカシは見学に行きたくて行きたくて、弟たちを連れて行ったのです。夕方興奮して帰宅すると、「刑務所で、本桃の銃を見た」とか、途中下車して、ミツをトイレに連れて行ったとか・・・。家の中ではけんかばかりですが、外に出ると、頼りになるお兄ちゃんのようです。そのチカシ、お隣に住む、ローズマリ―という10歳の女の子と友達になり、彼女がお迎えに来ると、いそいそと出掛けて行きます。では、おやすみなさい。久子

comment(0 )

ページのトップへ戻る

手紙

来年5月の誕生日で99歳になるアキラのお母さんは、今老人介護施設で暮らしている。そのお母さんの、かつての部屋の押し入れの片隅から、四半世紀前に私がドイツからお母さん宛に書き送った手紙の数々がでてきた。丁度25年前の今頃書いた手紙。お母さん63歳。久子36歳。
1980年10月28日
買い物から帰ると、お母さんから手紙と小包が(毛布のカバーとスリッパ)が届いていました。小包を見ただけで元気百杯!!ありがとう。まずお母さんの質問に答え、私の希望を書きます。1)粉ふるいはこちらにもありますので、不要です。2)歯の痛み止めは、中山先生のがいいのですが、無理でしたら、セデスとかでも結構。3)クリスマスツリーの飾り。もし余裕があれば、ツリーも入れて下さい。こちらで、ツリーを買うと20マルク〜40マルク位で、まあ1年に一回のことだからと思いますが、生木を買うと、入れ物から土から、何から何まで用意しなければならず、この際、日本にあるイミテーションのツリーでがまん、がまん。3)食料品は、ラーメンがもうすぐなくなりますので、カレーのもとと一緒にお願いできますか?4)おろし金。ドイツにもありますが、日本の製品の方が使いやすいので。以上船便でお願いできますか?
さて、クリスマスにおばあちゃんが来るんだと、子どもたちは、今から首を長くして待っています。そこで、子どもたちへのクリスマスプレゼント。出来れば、美しく、面白い本を1冊づつ(もし重たければ、食料品と一緒に船便にして下さい)。ヴァルドルフ学校では、プラスティック製のもの、例えば、レゴのような物は、賛成しません。それがいいとか悪いとかではなくて、私は、折角こちらに来て、日本のガラクタがない状態なので、少しづつ、おもちゃを選んで子どもたちに与えようかと思います。先日、木製の電車とレールのセットを買ったら、3人とも大喜び。毎月少しづつ、電車もレールも増やしていくのも楽しみです。また、木製のチェス(高価ですが、長いこと使えます)、トランプ(とても美しい色の絵のもの)小さい機織機(ミツの幼稚園で使っていて、私も楽しめそう。ミツが特に好きそうで、クリスマスプレゼントの候補の一つ)木製のままごとセット、大工道具セットなどなど。見ているだけでも楽しいので、お母さんがいらしたら、是非一緒におもちゃ屋さんに行きましょうね。
アキラから聞いたと思いますが、ミツのお友だちのロビン君を毎週水曜日に預かる仕事を始めました。ロビンのお母さんのザビーネは、独りで子育てをしていて、強烈な人ですが、とても優しくて、面白い人。1日につき、25マルク。ランチから夕方6時まで。つきに100マルクになるかならないかですが、子どもたちにおもちゃを買ってやれるかもしれないので、頑張ります。それにザビーネが、大好きになったのです。
ところで、今日は、ドイツ滞在の先輩、Y夫人の家を訪問しました。もう1人在独の日本人の奥さんも加わって、あれこれとおしゃべりしましたが、ドイツに来てまだ間もない新参者の私は、会話について行かれず、話しを聞きながら、外国で日本人家族と付き合うのは、大変だと痛感しました。ともすると、とても狭い世界の中での人間関係になり、他の家庭の悪口の言い合いになりそうで、嫌な感じがしました。幸いにも、私の周りは、日本の若い人たちばかり。子持ち家庭は、我が家だけです。外国で暮らすということは、よほど心を開いて、大らかにならないと、まったく自分にプラスにならず、中途半端な日本人になる恐れがあるのでは、などと考えながら帰りました。今は、むしろ日本人である私が、どれだけ人間として外国人(ドイツ人に限らず)共通の意識を持ち得るかが、緊急課題です。ではまた。久子

読み返してみると、随分調子のいいことを言っているのに、我ながらあきれてしまった。国分寺で、家族6人で暮らしていて、突然、お母さん独り残して、5人で渡独。あれこれと、注文の多い料理店さながら、姑におねだりする嫁。ププラスティックは止めようと言いながら、大切なクリスマスに、イミテーションのクリスマスツリーでよしとする感覚。何と浅はかなことよ、とお恥ずかしいが、事実だからしかたがない。それにしても、ドイツ滞在の5年間、よく手紙を書き続けたと感心する。当時はパソコン、スカイプなど無かったし、国際電話はとても高くて、緊急時のみ使用。唯一の通信手段は手紙を書くことだった。今にして思えば、懐かしい時間の流れの中の暮らしだった。

comment(0 )

ページのトップへ戻る