手紙(1980.11.21) クリスマスにおばあちゃんがやって来る!

早くも、今日はおおつごもり。日に日に時間の速度に付いて行けなくなる。それにしても何と明るく暖かな年の暮れだろうか。来年は、内も外も明るく暖かな年になりますように。

さて35年前のこと。10月25日にアキラが一時帰国しStuttgartの戻り、その年のクリスマスには、おばあちゃんが日本からやってくる事になった。
1980年11月21日(木曜日)
アキラの突然の帰国、短い間で慌ただしく、大変お世話さまでした。さて、今度はお母さん、12月17日の飛行機の正確な時間をお知らせ下さい。必ず、お迎えに行きます。クリスマスに欲しい物は、いろいろありますがあまり重くない程度に、おもち、ふじっ子、漬け物など。でも、おばあちゃんがこちらに来られる事が、子どもたちへの最大のプレゼントですから、ご無理のないように。チカシは「おばあちゃんが独りで来るのは大変だから、本なんかは、送ってくれればいいよね」と言っています。毛糸はこちらにありますし、編み棒も持っていますが、編み物の本が是非欲しいです。こちらは、11月初めは、とても寒い日がありましたが、ここ1週間は、暖かく、春のようで、少々不安です。また何時あの寒さがやってくるのか、と思うとです。チカシもレイジも元気に学校に通っています。レイジも来週からは、11時45分までになります。週3時間/ロシア語、2時間/英語、2時間/宗教、その他は、手芸、音楽です。ロシア語は全く分かりませんから、レイジが授業で聴いてきた言葉と動作を合わせて「それは、人形の事じゃない?」とか「取る、じゃない?」とかみんなで想像ごっこをして遊んでいます。「立て」のことは「スタイヨット」、英語の「stand up」にちょっと似ているね、などと、言ったりして。チカシのHaupt Unterricht(基本授業)は、ドイツ語文法で、とても難しく、チカシだけ別の老婦人の先生が、個人指導してくれます(レイジも15分、1対1で教わります)。日本人の友達も「よかったね!」と喜んでくれました。みんな私たちの子どもたちの事を、とても心配してくれています。ドイツに長くいらっしゃる柳さんの奥さんに話したら、「それはとても恵まれていて、人によっては、学校に馴染めず、遂に辞めさせたり、外人労働者の子どもたちだけと遊ぶので、ドイツ語を覚えられず、親子共々円形脱毛症になったりして、とても苦しんでいる方もいます」と言っておられました。チカシは、昨日から週一度、フラウ・ウールバッハにドイツ語の読み方を教えて頂く事になり、今、グリム童話を読んでいます。日本語の本も少しは読んで欲しいのですが、そちらは相変わらず「明日のジョー」に夢中。親も子も闘争の日々です。そこで、月末に山崎さんと二人でだけで、コルマールに行ってもいいという事になり、久しぶりに、子ども3人から離れられるので、バンザ〜イです。その様子はまた手紙に書きます。お元気で。久子

comment(0 )

ページのトップへ戻る

手紙(1980.10.25)ヨーロッパでの初めての秋

1980年10月17日付けの手紙を読むと、その翌年のエルゼ・クリンク・オイリュトミーグルッペの日本公演ツアーの下準備のために、アキラが同月25日アエロフロートで2週間ほど帰国する事になり、その際にお母さんにお願いごとを書いている。今、読み返してみると、これが嫁が姑に書く手紙か、とあきれるばかりだ。
アキラに持ってきてもらいたい物のリスト
1、母子手帳(和ダンスの小引き出しの一番右)2、ケーキの型(上の戸棚、円型とマドレーヌの型)3、子どもたちのソックス(短いもの)4、あれば、ミツとレイジのズボン下 5、歯痛止め 6、アキラの冬のパジャマ 7、コンタクトレンズ(ハード)の保存液 8 あずき、上新粉、白玉粉 6、コンスターチ(子どもたちがお団子が食べたいというので)7 「明日のジョー」8巻 8、カレーのもと。
まるで、離れ小島に漂流した家族が援助を求めて書いた手紙のようだ。日本でこの要求を引き受け、用意するお母さんも、またそれをトランクにつめて運ぶアキラも容易でない事だったでしょう。もう35年前の事、今更気がついても、遅い。

そして、10月25日の早朝、日本に向うアキラを市電の駅まで送って後、
1980年10月25日(土曜日)
重く垂れ込んだ灰色の寒空の下で、木々の葉は、真っ黄色に色づき、その鮮明な色合いは、美しいというより、むしろ哀しいまでの透明感があります。暖かく紅葉を愛でる日本の秋とは、ほど遠く、静かで冷たく硬い空気に支配された秋。これがヨーロッパの秋なのか、と思います。人びとは、厚手のオーバを着て、黙々と自分のなすべき事を行ない、自然は、大いなる力でもって、厳しい冬に向って、容赦なく時を進めます。夏、賑やかにさえずっていた黒ツグミの姿も、今は見ることはありません。窓から遠く、色づいた木々を眺めていると、リルケやヘッセの詩が、自然に体に染み込んできます。子どもたちは外に出ると、寒くて、もかけっこをしたり、木登りしたり、すこぶる元気ですからご安心下さい。
さて、アキラの急の帰国、びっくりなさった事でしょう。帰国する前は、風邪を引いたり、出掛けたり、何のお土産も用意できずごめんなさい。それに引き換え先の手紙では、お願いごとばかり並べて、申し訳ございません。もし可能であれば、というつもりですから、決してご無理をなさらないように。
ところで、お母さんはいつ頃こちらにいらっしゃいますか?クリスマスの頃は、きっと寒いでしょうけど、全く異なった自然の中に身を置くというのも、いいものです。ミツの幼稚園は、12月22日までです。そのに以前いらっしゃれば、ミツの送り迎えの様子、またチカシとレイジの学校にも行けると思います。マーケットでは、もう、クリスマスのろうそくとか、美しい飾り物が出ています。
みんな、おばあちゃんが来てくれるのを楽しみに待っています。どうぞ実り多い日々をお過ごし下さい。お大切に。久子
追伸:アキラへ、チカシがシャープペンシルの芯を父さんに頼めばよかった、と言っておりました。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

手紙(1980.10.1) ミカエル祭の頃

クリスマス休暇で、日本に一時帰国したハノーバーに住む日本人の友人と電話で話した。
「今、ドイツもパリのテロ事件や難民受入れ問題で大変だけど、日本の報道とは、少し違うのよね。こちらでは、みんな、厳しい状況から逃れてきた人たちを快く受入れて、多くの市民が力を合わせて援助しているの。大半のドイツ人はそう思っていると思うわ」と言った。
そう言えば、家族でドイツに渡った時のことだ。驚いたことに、シュツットガルトに住み始めたその日から、3人の子どもたちの児童手当が市から支給されたのだ。外国人で、しかも学生の家族に、しかも3人の子ども全員に、児童手当(キンダーゲルト)が支給されるなんて、渡独前は思っても見なかった。その時ほど、人種を超えて子どもは守る、というドイツ人の意志を感じたことはない。今から、35年前のことだ。そのことを、ハノーバーの友人にすると、「今でも続いているの、それは」と、明るい声が返ってきた。

1980年10月1日
さて、先日の手紙にも書きましたが、レイジが遂に、学校から1時間かけて全行程を独りで帰ってきました。土曜日、ミツとスーパーの花屋で花を選んでいたら、市電の中に、赤いランドセルが見えたのです。よかった、よかった。ホッとしました。9月27日、28日は、ミツの幼稚園で,ミカエル祭がありました。その日、子どもたちの頭には、各々星、月、花の冠を冠り、手には、その年の収穫物を入れた小さなかごを持ち、一人一人、ミカエルの像の前に丁寧に並べていきます。うす紫のカペレの中に、秋の午後の柔らかな日差しが差し込み、おばさんとおじさんの奏でるフルートとトロンボーンの二重奏が、終始、静かな会堂に流れ、最後には、祭壇の前に、色とりどりの木の実、野菜、パン、果物が並び、それは美しい時間でした。ミツは、花の冠で、籠にはリンゴと葡萄と木の実を入れてあげました。それから、フラウ・マイヤーのこよなく美しい声で、ミカエルの話の歌い、子どもたちが輪になって、踊りました。翌28日は、学校の生徒のためのミカエル祭で、今度は、生徒たちが自分で作った弓と矢を持ってきて、庭に立てられた張りぼての龍を矢で射って、リンゴを貰うのです。その日もカペレでは、男の子と女の子のヴァイオリンとチェロの演奏があり、影絵の劇がありました。何から何まで初めての体験だったので、楽しく面白かったのですが、帰り際、数人のお母さんたちに囲まれて、質問されました。「あなたは、そんなに時間がないのですか?」と。何のことかと思ったら、レイジが独りで下校することを、とても心配してくれているのです。「大丈夫です」と答えたら、みんなびっくり。反対に、私が「車の送り迎えは何時までなさるのですか?」と尋ねたら「彼が独りで帰れるようになるまで」というお返事でした。私は、毎日レイジが独りで帰れるように訓練したのですが、その様な訓練は一切しないようです。自然に成長するのを待つということかもしれませんが、我が家の場合は、そんな悠長なことは言っていられないのです。きっと、日本のお母さんって「凄いなぁ」とドイツのお母さんは、さぞかしあきれたことでしょう。ではまた。お大切に。久子

comment(0 )

ページのトップへ戻る