選挙戦

いよいよ今日から衆議院選が始まる。秋晴れのさ爽やかな空気の中に、候補者たちの高らかな声が行き交うことだろう。
『枕草子』にこんな言葉があるーうちとくあじきもの。えせ者。さるは、よしと人に言はるる人よりも裏無くぞ身ゆる。—さすが、清少納言。

私は、今日からニューヨークへ。あちらの秋の空はどうかな・・・・?

comment(0 )

ページのトップへ戻る

脳と身体

美術家の横尾忠則さんが、誰でも密かに抱えている自分の身体的欠陥に対してのコンプレックスのことを「脳を身体の支配下に置いた」ところから発生する「一種の思い込み」にすぎない。だから「脳が自分だと思う前に身体こそ『我なり』と認めればいい」と書かれていたのを読んで、然り、と同感し、私の身体的欠陥だらけの身体に「それが私よ」と言わせてみると、いっぺんに体が軽くなり、勇気が湧いてきた。・・・カラダの中を微風が吹き渡り、おおきな樹木がわさわさと揺れて、いつの間にかカラダが宙に浮き、青空に向かって飛んでいる・・・私のカラダの器に、脳から生み出されてくる思い込みが、脈々と流れ込む。
横尾さんの言葉「コンプレックスはコレステロールみたいになくても困る、多くても困る程度のまあ生活必需品だと思えばいいのです」ですって。自分に何かを思い込ませるというのも、案外、いいもんだ。ひょっとすると、これがダンスの初歩かも・・・?
 

comment(0 )

ページのトップへ戻る

あっぱれ、100歳! 

「90歳。何がめでたい」とは、佐藤愛子さんが書かれた本の題名だが、我が姑の君子さんは、今年5月でめでたく100歳を迎え、先月の敬老の日に、国から銀杯と安倍晋三首相の賞状・東京都から江戸漆器の箱と小池百合子都知事の賞状・国分寺市からウールの膝掛けなど、お祝いの品々が届いた。そこで、秋晴れの今日、アキラはその品々を持って、介護施設に君子さんを訪ねた。100歳に近づくに従って、さすがに携帯で電話してくる回数が減ってきたので、家を出るとき「『あなた誰?』と言われるかも」と、いささか自信のないアキラだっが・・・・。
お母さんは、元気、元気!何の問題はない。持参したお祝いの、銀杯と晋三さんの賞状は要らない。百合子都知事の賞状と漆器の箱、市からの膝掛けは要る、とはっきりしている。日頃は、村上春樹とか五木寛之の本を読んでいると言った(すごいね!でも、ホントかな?)。ヒサコのことは忘れてないよ。お母さんからは「今度、何時宇宙に帰るの?何時、宇宙からくるの?何処の宇宙に行くの?宇宙に赤道はあるの?宇宙は面白いところだよね・・・・」など、宇宙の質問が尽きない。100歳過ぎてから、体は車いす生活になったけど、頭の中は宇宙大に広がりつつある。というのがアキラの訪問報告。そして、最後に「どうも150歳くらいまで大丈夫」と自分で言っていたよ、と付け加えた。
100歳、あっぱれ、あっぱれ。

comment(0 )

ページのトップへ戻る