ドイツの子ども手当

今日の朝日の「天声人語」にドイツのことが書いてあった。

「ここ数年、多くの難民を受け入れたドイツの判断には驚かされた。そして現地を訪れて感じたのは、来た人を受容する構えが存在することだ」

2018年から遡ること38年前の春、家族5人でシュッツトガルトに移り住んだ頃、ドイツでは、ボートピープルと呼ばれるベトナム難民を多く受け入れていた。10才だった長男のチカシの初めての外国人の友だちも、母親が老人ホームで働いているベトナム人の男の子で、すぐに仲良しになり、子どもたちの素晴らしい親和力に勇気づけられたのを思い出す。

それともう一つ、思いがけずびっくりしたことは、シュッツトガルト市からこども手当(Kinder Geld )が、毎月支給されることになったこと、しかも三人の息子たち全員に!

もう忘れてしまったが、当時国分寺市からは、三男が生まれた時に一回だけ少額のお祝い金を貰ったように記憶している。レイジとチカシの時は、何もなかったと思う。

日本でもここ数年の間に、子ども手当については議論されて制度も整ってきたのだろうが、およそ40年前のドイツにはまだまだ及んでいない。なにしろ、ドイツに留学しにやって来た外国人の家族の子どもたちみんなに、子供手当を出すなんて‼️(確か、支給金も下の子になるに従って高額になる)それによって、どんなにか助けられたことか。感謝しても余りがある。今から思うと、確かな経済的な保証も持たず、家族五人でドイツに行くなんて、何と無謀なことをしたものか、と我ながら呆れるばかりで、むしろドイツ国家の方が、私たちのような在り様に驚いていたのではないだろうか。

「来た人を受容する構えが存在する」を読んで、さすがドイツ、と嬉しくなった。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

シンプルに生きていこう!

4CCE17A5-759A-47CD-B895-C07F18ED8CA7最近、歩行が危うくなってきた。それもそうだよなぁ、もう40年以上もリウマチと一緒にいきてきたのだもの。

その昔、リウマチ友の会(今でもあるのだろうか)の会報誌に、リウマチとは「二割の人はすぐ治り、二割の人は死に至り、六割の人は緩慢な病状を繰り返しながら、次第に骨が変形していく病気」のように書かれていたのを思い出した。

とすれば、私はその六割のうちに入っていたのだろう。これからも、少しずつカラダが壊れていくのだろうか、などと思い悩んでも、自分の十字架は自分で背負わなければなるまい。

ポンコツクルマを運転するのは私だ。これからは、重たくて、暗くて、憂鬱な、複雑なものは全て捨てて、明るく、楽しい、美しいものをいっぱい載せて、幼い頃そうであったように、シンプルに生きていこう。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

サボテンさんと私の手

写真家の石内都さんが、私のリウマチで変型した手を撮った写真を見て、作家の黒川創さんが「サボテンと重なって見える」と言ったのを受けて、石内さんが「そうだね、サボテンさんも人間も生きているという意味ではあまり変わらないから」と答えているのを、何処かで読んだ。

サボテンさんと私の手。畸形でも働きものの私の手。今は、唯一右手に人差し指だけが働き手。ペンは持てないけど、曲がった人差し指がパソコンのキーボードを打ってくれる。ありがたい。時々「ガンバレ!」と自分の手に声援を送る。

サボテンが大きくなるのも、私の手が次第に変型していくのも、生きてる証。

アキラに、いまの私の手を撮ってもらおう。

6F4D8B1E-B4D2-43F6-A5E1-59342425564E

comment(0 )

ページのトップへ戻る