天津神算木の作成方法(阿賀神社 合宿講座のご参加の方々へ)

まず元の木となる横の長さ20センチ・縦横1センチ半 のヒノキ素材の木材を用意してください。(東急ハンズで購入する。)

それを3分の1ずつに分割します。(東急ハンズで購入の時に、分割してもらうようにしてください。)

分割しますと、切断面のために長さが短くなり、一つの素材は、横の長さが6・センチ半 くらいになります。

36柱の神算木を作成するためには、したがって、長さ20センチのヒノキ材が12本必要です。

この一つの木材(横6センチ半、縦横1センチ半)を神算木にするためには2種類の方法があります。

印として、色彩を用いる場合と、「黒点}を用いる場合です。ここでは「黒点」を用いる場合の説明をします。

机の上に横にした一柱の神算木を置きます。そうしますと、指で1回押すたびに横になった面が4回、来ます。

4回押すと、最初の面に戻ります。

次に太さ2mm が3mmくらいの黒のマジックペンを用意します。

神算木の切断面を見ますと、薄らと、円さを持った年輪の筋が見えます。

円さのある方が「天」で、その内側、が「地」です。

始めに、円みのある方の面の中心に、「天」の「黒点」をひとつ印します。

円さのない「天」の裏側の「地」に、「黒点」を四つ印します。

次に神算木を机の上に横に、一点の「天」を上面にしておきます。地の面は机の面と重なって見えません。

こうして左側の切断面を確認しながら、その面を黒く塗りつぶします。ここが「本」(もと)(木で言うと根)です。

再びの塗りつぶした本(もと)の面を左にして、

「天」を上面にして机の上に神算木を置きます。

次に、てまえ側の面に「黒点」二点を記します。この面が神算木の「火」の面です。

見えない向こう側の面に「黒点」三点をします。この面が神算木の「水」の面です。

確認のために、本を左に「天」上面にして神算木をおいてください。1回向こう側に押すと2点の「火」が、

さらに押すと4点の「地」が、さらに押すと3点の「水」が、もう一度押すと、最初に戻って、「天」が現れます。

これで完成です。36柱の神算木は、布にくるんでご持参ください。

図版の入った説明文は「金鱗の鰓を取り置く術」の157頁、158頁を参照ください。

comment(0 )

ページのトップへ戻る