夏の終わり

今夏、7月末から8月上旬にかけて、家族全員で、ドイツのシュツットガルトを旅行した。旅行といっても、かつて住んでいた懐かしい思い出の地を訪ねて、という意味合いで、三人の息子たちが当時よく食べに通ったという、お気に入りのケバブ屋さん、オモチャ屋さん、ハンバーガー屋さん、アイスクリーム屋さん…………三人でコンバットごっこをして、暗くなるまで遊んだアイヘンハイムの森(その昔、詩人シラーがその森で詩作を練ったというが、観光客にお目にかかったことは一度もない)、三人が通ったクレアヴァルトのシュタイナーシューレ………など、市電に乗り込み、バスに乗り継ぎして、大人になった家族(しかも私は車椅子) がゾロゾロと町中を歩き回った。実に楽しかった。

今回が最初で最後。家族だからこそ一回限りがいい!

8月も今日でおしまい。夏の終わりと秋の始まり。なにか特別の気分がある。そして今晩、間も無く、天使館で「ダンス現在vol.7 瑞丈×香帆 カラダの庭」が始まる。夏の最後の公演。

明日から9月。新しい時がやってくる。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

笠井久子ブログ

CATEGORIES

  • カテゴリーなし