紗倉まなとシモーヌ・ヴェーユと

初夏の光。桜の若葉が風に揺れている。静かな日曜日の昼下がり。昨日友人が「外出規制で東京の空気がとてもキレイなったのよ」とLINEで言っていた。そういえば、今日の空の青は澄んでる。

新聞で紹介された紗倉まなの「春、死なん」を雑誌群像で読む。まなさんは、27歳のAV女優だそうだ。
面白い、スゴイ!一気の読んでしまった。
新聞のインタビューに「匂いも何もかも、雪でかき消されてしまう。この地で起きたことはすべて過去になってしまう気配がある。それが恐ろしくもあり、美しくもあり」と答える紗倉まなさんのことを、ちょっとネットで検索。なんとも可愛らしいお嬢さん。なんと爽やかで明るく温かい女の子なんだろう!パステルカラーのマシュマロみたい。とても「春、死なん」の冷徹な人間描写の作者と結びつかない。未来から明るい風が吹いてきた…元気がでる。

27歳の頃の私といえば、シモーヌ・ヴェイユに夢中だった。聡明で美しく、誰をも寄せ付けない強靭な意志力を持ち、不幸のどん底の中に光を見出だし、一生肉体の苦痛に耐え、神から一番遠くに離れたところで、消えるように亡くなったシモーヌ・ヴェーユの、思想とか哲学は横に置いて、人間存在に、私は絶大な憧れを抱いていた。子どもが生まれ、手造りで稽古場を建て始め、情熱だけはあるものの経済的裏付けがない生活の日々。ヴェイユは、私の唯一の味方だった。若い頃の美しい思い出!

紗倉まなとシモーヌ・ヴェーユ。何故か私の中で繋がっている。

 たとえ、歳月を重ねた奮闘努力が、少しも報われないと思えるときでも、
 いつの日か、その努力にちょうど見合うだけの光が、あなたの魂にみなぎるものです。
                                    シモーヌ・ヴェイユ

「シモーヌ・ヴェーユ伝」ジャック・カポー/山崎庸一郎、中條 忍訳/みすず書房

「シモーヌ・ヴェーユ伝」ジャック・カポー/山崎庸一郎、中條 忍訳/みすず書房

 
 

comment(0 )

ページのトップへ戻る

一日の苦労は 一日で足れり

寒かったり、暖かだったりの毎日。「医療崩壊」のニュース頻り。医療が崩壊したら、医療を必要としている人びと(私も含めて)は、どうすればいいのだろう。

近くのポストまで、英語翻訳の茅香子先生から頂いた提出課題を出しに行く。大幅に提出期限が遅れているにも関わらず、プリントアウトした訳文と、ほとんど自己満足だなぁ〜と思いつつもアクリル毛糸で編んだ手作りエコたわしまで入れて投函。

今は、キュー無しで、いつブラックアウトになるかもしれない。1日一回自分にできることをやらなければ! 

 明日のことを 思ひ煩ふな。明日は明日 みづから思ひ煩はん。
 一日の苦労は 一日にて足れり。         ーマタイによる福音書ー

おお〜い雲よ!どこに行く……

おお〜い雲よ!どこに行く……

comment(0 )

ページのトップへ戻る

暴風雨の日

今日は朝から暴風雨。市役所から洪水警報が届いた。不要不急の外出自粛制限は、もう何日続いているのだろうか? 
昨日は、いつも地方から天使館のWSに参加するマキコさんお手製の布マスクが届いた。中に「ゴムの長さは、好みの長さで結んでください。内側にポケットをつけましたので、あれば、ウイルス対策用シートなどを入れてください」と手紙が添えられてあった。彼女らしい優しい気の使いよう。ありがとう❣️ 間を置かず、また宅急便が届く。
隣県に住むアキコさんからだ。中は除菌スプレー。わぁ〜ありがたい。アキラも私も、二人でもたもたしているうちに、マスク、除菌スプレーはどこを探してもない。どうしよう〜。
ありがとう、アキコさん❣️ カラダの中に爽やかな風が通り抜け、重いカラダが軽くなる。

そして、雨の日の今日、軽くなった体で混乱状態の我が部屋の片付け。始めたはいいものの、いつ終わるだろうか。再びカラダが重くなり………。
雨上がり、夕日が差した。部屋を捨て外に出よう、マスクをして。

どうしよう、この混乱。

どうしよう、この混乱。


国分寺史跡広場 西日に向かってカートを押すヒサコ

国分寺史跡広場 西日に向かってカートを押すヒサコ

comment(0 )

ページのトップへ戻る

トリアージュ

朝の美しいひかり。遠くに鳥の囀りがきこえる。

FBで、また新しい言葉を覚える。
「トリアージュ」回復の見込みがある患者を優先的に選別すること、という意味らしい。「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」「パンデミック」などは、ここ一ヶ月の間で、もうお馴染みの言葉になった。毎日、様々な人が様々なことを発言している。どの人も必死だ。
私に何ができるだろうか? 今、もし私が転倒して骨折したら、コロナに感染でもしたら………。トリアージュで、私の命の選別を誰かがしなければならないかもしれない。その誰かは、とても、可哀そう。
今、私にできることは、静かに家にいること。さあ、ベランダで鳥たちのおしゃべりを聴きながら……環境に優しいエコタワシができた❣️ 誰か貰ってくれるかな。

手作りエコたわし

手作りエコたわし

comment(0 )

ページのトップへ戻る

いるのといないのとでは大違い!

「コロナ離婚」という言葉があるそうだ。コロナウィルス感染拡大防止で、外出がままならず、今まで上手く回っていた家族の歯車が狂ってしまい、父さん、母さん、子供たち、みんなイライラが沸騰して、コロナのせいで家庭崩壊が起こっているらしい。収入は減るし、子どもたちは煩いし、みんな朝昼晩としっかり食べるし………痛いほど、よく、わかるなぁ。でも、コロナのせいでとは涙が出てくる。

私も若い時、思い余って「エイ 離婚してやる!」と何度大見得を切ったことか。すると、いつも横で見ていた息子たちの「どんな奴でも、いるといないとでは大違い」という生意気な呟き声が聞こえてくるのだった。

言うことを聞かず、頑固で、うるさい子どもたちも、いつの間にやらオジサンに。
子どもたちとも、親しい友人とも、隣近所の人たちとも、会えない日々。人の心を分断していく見えないコロナに要注意。

「どんな奴でも、いるのといないのとでは大違い」の言を胸に秘め、愉しく、笑って、優しく、静かな時間に感謝、感謝。

葉桜

葉桜

comment(0 )

ページのトップへ戻る

メルケル首相

去年の夏、数十年ぶりに家族全員でStuttgartを旅行した時、建物の様子は面影があったが、街の雰囲気、人々の様子は随分トゲトゲして、前と違うな、というのが息子たちの感想だった。確かに、街の中心のケーニッヒ通りを歩くにも、昔のようなワクワク感がない。メルケルさん一人頑張ってどんどん難民を受け入れているからか、外国人が多いな………でも、待って。私たちだって、外国人。40年前、突然、家族五人でドイツに住み始めてからの5年間を支障なく暮らせたのは、ドイツ政府のおかげだったと思い出したてごらん。住民票を出すと直ぐに、3人の子ども手当てが銀行に振り込まれ、その上、住居手当も振り込まれた(それも毎月)。その時ばかりは「神の恩寵❣️」と喜んだ。もし、その援助がなかったら、私たち家族のドイツ生活は一ヶ月と持たなかったでしょう。

ドイツに住む多和田葉子さんのデジタル新聞記事を読む。
………今コロナで国境を閉鎖され、外出が規制されているベルリンの状況をまるで戦争中の光景だと落ち込む人もいるが、今実施されている規制の底を貫いているのは『全人類の健康を願う』という、ナチス時代とは全く逆の精神である。………

そして、多和田さんは、メルケル首相のことを「新たに生じた重い課題を背負い、深い疲れを感じさせる顔で、残力をふりしぼり、理性の最大公約数を静かに語りかけていた」と書いて結んでいる。

ドイツで出会った友だちを想うと不思議と元気が出る。さあ、緊急事態宣言で規制のかかかっている間に、今度こそ、トーマス・マンの「魔の山」を最後まで読もう。

朝焼け

朝焼け

comment(0 )

ページのトップへ戻る

笠井久子ブログ

CATEGORIES

  • カテゴリーなし