及川廣信先生のこと

及川廣信先生が、9月5日93歳で旅立たれた。先生とは、生前一度だけお目にかかっただけなのに、私の心にはなぜか先生が住んでいた。というのは、国分寺の北口にあった伊庭野眼科の伊庭野先生は、及川先生のお姉さまだったからだかもしれない。天使館を造り、子育て真っ最中の頃、生来眼が弱い私は、目に異常をきたすと直ぐに伊庭野先生に診ていただいていた。先生は、私が大野先生や土方さんと面識があると知ると、とても嬉しそうに弟の及川先生のことを話してくれた。

「あの子はね、優しくて、明るくて、とてもひょうきんで………よく私の息子を相手に、面白い話をして笑わせたり………。フランスに留学する時、友だちを信頼してお金を預けて行ったのに、その友だちがお金を持って逃げてしまって、彼はスッカラカン。人がよすぎたのね。当時外国送金はとても難しく、真っ黒に塗りつぶした新聞紙にドル札を包み込んでフランスに送ってやったものだわ」

伊庭野先生のお話ぶりは、まるで目に入れても痛くない愛する我が子のことを話す母親のようだった。小柄な伊庭野先生は、ノリのきいた白衣を着て、キュッと締まったブラウスの襟元にブローチを付け、背筋を真っ直ぐに伸ばして診療室の中で素早く的確に治療してくださった。優しさと温かさと冷静な判断力と厳格さをあわせ持った上品で素敵なお医者さまであり、若い私にとって憧れの女性だった。

何がきっかけだったのか知らないが、三男のミツタケがダンスを始めた頃、暫くの間、及川先生の稽古場に通っていたことがあった。随分年を経たつい先日のこと、ミツタケが、ふとその当時の及川先生のことを口にした。稽古の前に受講料をお渡しすると、先生は稽古の後でいつも「これで帰りに美味しいものでも食べなさい」と言って受講料をそっと返してくれたそうだ。それを聞いて数日後、先生の訃報を知った。

私の大切な人生の先輩たち。いつまでも先を歩いてくれていると思っていたのに、私のカラダのなかに温かなぬくもりをそっと残して消えてしまった。

心もとなくさみしいけど、この温もりに感謝して育みながら、大切に先に進もう。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

君子さん 逝っちゃった………

10月18日 アキラの母・君子さんがこの世で102年の時を生き、静かに彼方の世界に飛んでいってしまった。私の人生の内60年の、君子さんの人生の半分以上の時間をともに歩んできた。これ程長いこと付き合いが続いた女性は他にいない。

私にとって君子さんは言葉にできないほど破格な人。その魂の振り子の振幅は絶大で、左右前後に自由に飛び回わるので、近寄ると、その振り子に打ちのめされてしまう。自分の意思を貫いて自由に生きた人。溢れる愛情の人。母であり、クリスチャンであり、教会のオルガニストであり、聖歌隊の指揮者、指導者であり………君子さんの魂の色は、万華鏡のように輝いている。私は、そんな強い君子さんと何度ぶつかったことか。そして何度、人間の生き方について、神様について、話し込んだことか。話はいつも曖昧に終わった。そんな時思わず見せる君子さんの子どものような自信のなさ、人間の弱さ、純粋さが、私は好きだった。雨の日も風の日も、日曜礼拝に必ず出掛ける君子さんだった。君子さんの魂の振り子の支点には、神さまがいらっしゃったのだろう。

カラダの振り子から自由になって大空を飛び回っている君子さん。今、ともに歩んだ時間が宇宙大の空間になって私を包んでくれる。ありがとう 君子さん❣️

FC985CD6-26F7-4DC8-B4B5-F5D9388551E3

2018年冬  101歳

comment(0 )

ページのトップへ戻る

阿賀神社合宿に行く

先月の末 「金鱗の鰓を取り置く術」の合宿に行くため、京都まで新幹線に乗った。もちろんアキラと一緒だ。一人外出禁止令が出てから、もう一年以上経つかしら?

久し振りに、車窓から広々とした田園風景を眺めながら幕の内弁当を食べよう……みんなに会えるのはこよなく嬉しい……合宿場の阿賀神社参集殿までは、70段の石の階段を上らなくてはならないのは知ってはいたものの、何とかなるだろう……来年は行けないかも……などと色々心で描いて、思い切って出かけたのに……… 新幹線が東京駅を出ると、直ぐに腰に拳銃をつけた警察官が通路を通る。案内のテロップに新聞のニュースが流れる。そのうちに ー座席を離れる時の注意/不審物を見つけた時の対処法/突然の 危険時には、座席の下のボタンを押して………!?    などの注意が黄色い活字で表れ、 さらに先頃から話題になっている「あいちトリエンナーレに対する文化庁の補助金不交付決定 」というニュースが、淡々とと流れた。その間も、先の警察官が何度も通路を往復している。

呑気に幕の内を食べながら列車の旅をたのしむ時代はもう終わったのかな、と思われるような京都までの時間だった。

阿賀神社の参集殿から眼下に広がる阿賀山の裾野を眺め、深呼吸。

来てよかった、また来よう!

comment(0 )

ページのトップへ戻る

Stuttgart家族旅行 2019年夏

CF17E2F2-34CA-455E-8187-71D80DB0BF08

今年の8月のStuttgart 家族旅行 ーかれこれ40年程前、背後の集合住宅の一室に、家族5人で5年間住んでいました。建物も周りも当時のまんま、さすがドイツ⁈    懐かしい〜!

q
3388E9A4-AC05-4574-AF55-960A731C3206その頃の三兄弟。まだまだ、幼かったね。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

夏の終わり

今夏、7月末から8月上旬にかけて、家族全員で、ドイツのシュツットガルトを旅行した。旅行といっても、かつて住んでいた懐かしい思い出の地を訪ねて、という意味合いで、三人の息子たちが当時よく食べに通ったという、お気に入りのケバブ屋さん、オモチャ屋さん、ハンバーガー屋さん、アイスクリーム屋さん…………三人でコンバットごっこをして、暗くなるまで遊んだアイヘンハイムの森(その昔、詩人シラーがその森で詩作を練ったというが、観光客にお目にかかったことは一度もない)、三人が通ったクレアヴァルトのシュタイナーシューレ………など、市電に乗り込み、バスに乗り継ぎして、大人になった家族(しかも私は車椅子) がゾロゾロと町中を歩き回った。実に楽しかった。

今回が最初で最後。家族だからこそ一回限りがいい!

8月も今日でおしまい。夏の終わりと秋の始まり。なにか特別の気分がある。そして今晩、間も無く、天使館で「ダンス現在vol.7 瑞丈×香帆 カラダの庭」が始まる。夏の最後の公演。

明日から9月。新しい時がやってくる。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

映画「主戦場」を観て

渋谷のイメージフォーラムで映画「主戦場」を観た。

私が、西早稲田の 早稲田奉仕園敷地内のビルの一室にある「女たちの戦争と平和資料館」に行ったのはいつのことだったか。確か、爽やかな秋の始まりの頃だったように思う。まだ資料館が開設されて間もない頃だった。その時の閲覧者は私ひとり。美しい秋の日差しが差し込む部屋に「女性国際戦犯法廷」、アジア各国の『慰安婦』被害、日本兵の証言、戦時性暴力……などのパネルがいっぱい並んでいた。その1つ1つを時間を忘れて読んでいくうちに、いつの間にか日が暮れていた。

家の窓から目撃した光景。私が五歳だった頃のこと。

私の家の東側の空き地の、向こう側の道路の向こうに、お城(子どもの私にはそう見えた)みたいな洋館があり、ある日その玄関前に、屋根のない大きな自動車が走ってきて止まった。すると、制服を着た巨大な体のアメリカの男の人が二人、ドアを跨いで道に出ると、突然、後ろに乗っていた派手な格好をした日本の女の人二人をそれぞれ抱き上げ、素早くお城の中に消えた。その時の異常に浮きたった男の人たちの雰囲気。圧倒的な何かに胸が潰された私が、その時に感じた目撃してはいけないものを見てしまったという理不尽な後ろめたさが、今でも心の奥に残っている。

まだ赤線地帯の廃止が施行(1957/8年)される以前、今日の新宿区役所、今はないコマ劇場が建つ前、私は家族と共に歌舞伎町との境の西大久保に引っ越して来て、暮らし始めた。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

笠井久子ブログ

CATEGORIES

  • カテゴリーなし