夕暮れの散歩

久しぶりに朝の光。いつものように、空に向かって、おはようぉ〜と呼びかけたが、空も雲もよそよそしい。目を閉じて、たっぷり空気を吸い、太陽の温かいぬくもりを体の隅々まで感じよう………少しづつ、私も世界も動き出し、鳥の囀りが聞こえる。

エッセイスト大平一枝さんが、チカシの花の写真に寄せた文章をネットで読む。写真も美しいが、文章がとても素敵だ。
 だれかには見えていて、自分には見えないもの。
 あなたには見えなくて、私には見えるもの。
 同じ風景なのに、私達の目は不思議だ。
 見ようと思うと見えて、みようと思わないと永遠に見えない。

夕暮れ時、二日ぶりに、アキラと散歩に出た。雨でたっぷり水を含んだ道端の名も無い小さな花々が、うれしそうに風に揺れている。

      森の大きな樹の後ろには、
      過ぎた年月が隠れている。
      日の光と雨の滴でできた
      一日が永遠のように隠れている。
      森を抜けてきた風が、
      大きな樹の老いた幹のまわりを
      一廻りして、また駆け出していった。
      どんな惨劇だろうと、
      森のなかでは、すべては
      さりげない出来事なのだ。 
      ……………       長田弘 「森のなかの出来事」より

大きな樹 国分寺にて

大きな樹 国分寺にて


     
      

笠井久子ブログ

CATEGORIES

  • カテゴリーなし