ドイツの子ども手当

今日の朝日の「天声人語」にドイツのことが書いてあった。

「ここ数年、多くの難民を受け入れたドイツの判断には驚かされた。そして現地を訪れて感じたのは、来た人を受容する構えが存在することだ」

2018年から遡ること38年前の春、家族5人でシュッツトガルトに移り住んだ頃、ドイツでは、ボートピープルと呼ばれるベトナム難民を多く受け入れていた。10才だった長男のチカシの初めての外国人の友だちも、母親が老人ホームで働いているベトナム人の男の子で、すぐに仲良しになり、子どもたちの素晴らしい親和力に勇気づけられたのを思い出す。

それともう一つ、思いがけずびっくりしたことは、シュッツトガルト市からこども手当(Kinder Geld )が、毎月支給されることになったこと、しかも三人の息子たち全員に!

もう忘れてしまったが、当時国分寺市からは、三男が生まれた時に一回だけ少額のお祝い金を貰ったように記憶している。レイジとチカシの時は、何もなかったと思う。

日本でもここ数年の間に、子ども手当については議論されて制度も整ってきたのだろうが、およそ40年前のドイツにはまだまだ及んでいない。なにしろ、ドイツに留学しにやって来た外国人の家族の子どもたちみんなに、子供手当を出すなんて‼️(確か、支給金も下の子になるに従って高額になる)それによって、どんなにか助けられたことか。感謝しても余りがある。今から思うと、確かな経済的な保証も持たず、家族五人でドイツに行くなんて、何と無謀なことをしたものか、と我ながら呆れるばかりで、むしろドイツ国家の方が、私たちのような在り様に驚いていたのではないだろうか。

「来た人を受容する構えが存在する」を読んで、さすがドイツ、と嬉しくなった。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

シンプルに生きていこう!

4CCE17A5-759A-47CD-B895-C07F18ED8CA7最近、歩行が危うくなってきた。それもそうだよなぁ、もう40年以上もリウマチと一緒にいきてきたのだもの。

その昔、リウマチ友の会(今でもあるのだろうか)の会報誌に、リウマチとは「二割の人はすぐ治り、二割の人は死に至り、六割の人は緩慢な病状を繰り返しながら、次第に骨が変形していく病気」のように書かれていたのを思い出した。

とすれば、私はその六割のうちに入っていたのだろう。これからも、少しずつカラダが壊れていくのだろうか、などと思い悩んでも、自分の十字架は自分で背負わなければなるまい。

ポンコツクルマを運転するのは私だ。これからは、重たくて、暗くて、憂鬱な、複雑なものは全て捨てて、明るく、楽しい、美しいものをいっぱい載せて、幼い頃そうであったように、シンプルに生きていこう。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

サボテンさんと私の手

写真家の石内都さんが、私のリウマチで変型した手を撮った写真を見て、作家の黒川創さんが「サボテンと重なって見える」と言ったのを受けて、石内さんが「そうだね、サボテンさんも人間も生きているという意味ではあまり変わらないから」と答えているのを、何処かで読んだ。

サボテンさんと私の手。畸形でも働きものの私の手。今は、唯一右手に人差し指だけが働き手。ペンは持てないけど、曲がった人差し指がパソコンのキーボードを打ってくれる。ありがたい。時々「ガンバレ!」と自分の手に声援を送る。

サボテンが大きくなるのも、私の手が次第に変型していくのも、生きてる証。

アキラに、いまの私の手を撮ってもらおう。

6F4D8B1E-B4D2-43F6-A5E1-59342425564E

comment(0 )

ページのトップへ戻る

「ひかりのはこ」

また一人、天使館で出会ってから、ともに同じ時を生きてきた詩人の片山令子さんが、先に逝ってしまった。

今日、片山健さんから、かねてより病気療養中の令子さんが、今年3月22日、68歳でお亡くなりになったこと、故人の意向で病気のことは知らせなかったこと、あいさつもできずこの世を去ったことで、悲しい思いをさせてしまったことのお詫びのお葉書を頂いた。

今年の初め、令子さんが発行しているリーフレット「ひかりのはこ  9」が、ポストに届いた。

・・・

眼が今の世界を見ながら

過ぎた日の情景を思い出している時

ふたつの映像が重なった世界を

見ているのではないだろうか。

そして今の映像が過ぎた日の映像に

キラキラと今の輝きを移していく。

今は直ぐに総て過去になるけど

過ぎた日々は感情によって幾度も

今になり続けることが出来る。

うれしかったこと

美しかったこと

尊敬したひと可愛かったひと

風のように颯爽としていたひとを

たくさん生き生きと思い出す。

・・・

愛情に包まれたまま眠っている過去を

今に生まれかわらせる。

眼の窓を開けたまま

今と今と今を

過去に写し続けることによって。

美しい日々  ひと  出来事を

思い出すことによって。

あたらしく今を作り続ける

わたしという窓のある世界。

「窓のある世界」から

2018年1月5日発行    画=片山健     発行者・著者=片山令子

ひかりの箱を開けると、真珠のように美しい言葉たちがこぼれてくる。

目には見えないけど、嗚呼、令子さん。あなたの温もりが私を包んでくれる。

comment(0 )

ページのトップへ戻る

ライラック

4359F065-3590-409D-8217-4E0F6327757B

1239B2CC-EC74-4CBD-BF15-5E5FA811C7EA今から38年前、家族でドイツに移住したのは、日本では初夏の風が吹き始めた四月中旬。コーリアエアラインの南回り三十時間、やっと目的地の シュトゥットガルトに着いた時は、夜もとっぷり更けた真夜中だった。次の日、家族みんなで迎えたドイツの朝 のなんと清々しかったことか!整然と立ち並んだ大きな家の庭は、どこも色とりどりの春の草花が咲き揃い、家を囲む針葉樹の間から薄紫、ピンク、白のライラックの花が美しいグラデーションを見せてくれる。子どもたちは、長旅の疲れも忘れて、ワイワイと外に飛び出した。

オオ寒い!ひかりは春の明るさなのに、空気は冬の冷たさだ。そして、3日目の朝、私たちの住むリーデンベルク一帯は、真っ白な雪で覆われていた。すると、近所に住むドイツ人パゾットさんの一人息子のロベルト君が、日本人家族がやってきたと知り、直ぐに我が家に訪れ「雪でフリーダー(ライラック)が全部折れてしまった。これからリアカーに積んで売りに行くけど、一緒手伝ってくれない?」と、子どもたちを誘いに来た。さすがドイツ人!びっくりもしたが、その意志の強さと優しさに共鳴したのか、チカシは言葉が全くわからないまま喜んでロベルト君について行ってしまった。

帰宅したチカシに聞くと、二人して大声で「フリーダーはいらんかねぇ〜、フリーダーはいらんかね〜」と叫びながら町中回ったけど、一本も売れなかった。でも楽しかったよ。と寒さで真っ赤になった顔をほころばせたのを見て、よし、これで異国の地ドイツでみんなで暮らしていけるぞ、と私の心も決まった。

今年の冬、庭にライラックの苗を植えた。栄養不足で貧しい我が家の庭に、これまで何度も試したけど、可哀想にいつも枯らしてしまっていたのに、どうしたことか四月になって急に暖かさが続いてきたら、なんと、しっかりした新芽が生まれてきたではないか!これからは、遅ればせながら、世話を怠らないようにしなくては・・・・

果たして、何色の花が咲いてくれるのだろうか?

comment(0 )

ページのトップへ戻る

テルプシコール通信

テルプシコールの秦さんから、テルプシコール通信2018年3月4月 が送られてきた。

「春一番の声とともに花粉嵐の吹き狂う今日この頃ですが・・・・」と始まる秦さんの挨拶文と一緒に、舞踏新人シリーズ第46弾の チラシが入っていた。チラシの裏面には、テルプシコール 企画「舞踏新人シリーズ出演者列記  」(第1弾〜第45 弾)とあって、’85.10/17〜20から2017.10/25〜29 までの全作品名と出演者の名前が列挙されている。数えてみると全部で165作品あった。

驚いたことに165作品全てにユニークな賞が与えられていて、その賞の名前が奮っている。 「半分からのROMAN」という作品には「はにかみのトライアル賞」。他に「仮装バナナのかけ違い賞」「煩悩童子  ・汗斗賞」「月見て狂へ賞」「夢見るマシュマロ童女賞」などなど。

ひとつ一つ丁寧に読んでいくと、実際に観ていないのに、舞台のかおり、色、雰囲気が目のなかに浮かんでくるから不思議だ。 30 年以上にわたって、続ているこのシリーズの出演者の中には、既に故人となられた方も数人いらっしゃる。

毎回送ってくださるテルプシコール通信も、今回No. 165。編集も発送も秦さんの手作業。人にも時代にも阿ることのない意志の強さと爽やかさがある。踊る人たちを深いところで支える温かな眼差しを感じる。

2018年4月19日(木)〜22日(日) は、舞踏新人シリーズ第46弾がやってくる  。

comment(0 )

ページのトップへ戻る