大型台風のため10月12日(土曜日)の金鱗の鰓を取り置く術WSを中止いたします

替わりに、11月3日(日曜日)に天使館で18時~21時まで
行います。宜しく。お問い合わせは  042 307 9758(天使館)へ

9月22日からのオープンクラスの内容がきまりました。

この9月より天使館の「ダンスの学校」が開校されます。
8月15日までに参加希望者を募り、多くの方々に応募いただきました。
この学校は個人スタジオという小さな空間で、
持続的にダンスの体験を積み重ねながら、カラダ作りを行ってゆくことを
趣旨としているために、人数が12名に限定され、多くの方々が参加できなくなりました。
そのために、改めて持続的な参加のダンスの学校と並行して、
月1回のオープンクラスを開講することにいたしました。内容は以下の通りです。

振付   ベートーヴェン作曲32のピアノ変奏曲を1年かけて振付ます。
     一つの変奏曲が八章節いう短いものからなる変奏曲。
基礎練習と振付に約Ⅰ時間30分。
10分の休憩後、30分の課題のためのオリエンテーション。
続いて課題と結びついたインプロヴィゼーションに、約1時間50分かけます。

クラスは一か月に1回、
一講座を4時間とし、振付と毎回異なった一つのテーマを、1年間、
12回を通して取り組むというものです。
場所   天使館
日時   9月22日 日曜日 17時~21時
    10月20日 日曜日 17時~21時
    11月24日 日曜日 17時~21時
12月15日 日曜日 17時^21時
2020年 1月5日 日曜日 17時^21時
      2月16日 日曜日 17時^21時
      3月22日 日曜日 17時^21時

参加費 一回 5000円
参加ご希望の方は,下記のところにお申し込みくださいますよう,
お願いいたします。
申し込み kasai_uemura@yahoo.co.jp
問い合わせ 090 8309 5096

第二回笠井叡「金鱗の鰓を取り置く術」阿賀神社合宿講座 9月27日金曜日、28日土曜日、29日日曜日

眼前に、第2回目の阿賀神社合宿講座が迫って参りました。あの1回目の高揚した気分がまた甦って参ります。

なぜ今、天津神算木なのか。
なぜコトバによる認識ではなくて神算木という道具を用いて
カラダと世界に向かおうとするのか。
「霊の神算木」と体の神算木」を組み合わせつつ、
天が人とともに地に降臨する流出過程と
人間が地から天に向けて橋をかける吸収過程、
神算木の「押す」「寄る」「秘目す」等の基本的操作はなぜ有効なのか。
このような基本的な疑問ゆっくりと深めつつ、
今回は、32柱の神算木の操法と16の象をカラダに結ぶ練習に集中したいと思います。
自由な質疑応答と話し合いを通してお互いの結びつきも深めましょう。
ご参加をお待ち申し上げます。

内容 
天火水地の四つの生命形態について
天孫降臨と天火水地
天上昇臨と地水火天
螺状配坐と父声、母声、子声の誕生

神算木を36柱ご持参ください。

時 9月27日金曜日、28日土曜日、29日日曜日
所 阿賀神社参集殿一階  滋賀県東近江市小脇町 2247
電話 0748 23 1341(阿賀神社)
宿泊 ビジネス旅館はざま 滋賀県東近江市栄町315
電話 0748 22 2488
参加費
全参加の場合、全6回講座 36、000円 (二泊五食つき 27日夕食~29日朝食まで)
部分参加の場合 講義、神算木実習、(午前午後)各4500円
話し合い・質疑応答・交流会 夜 各4000円)
宿泊費
一泊二食付き7000円
素泊まり 5000円
28日土曜日昼食代 1000円
申し込み期限 9月18日水曜 定員30名

申し込み方法
氏名・住所・・当日連絡用携帯電話・メールアドレスを下記ご連絡ください。
参加費振り込み口座番号をお知らせします。
ご入金確認によりお申し込み完了とさせていただきます。
お振り込みは申し込み期限までにお願いいたします。
キャンセルされる場合はキャンセル料・手数料等が発生することがあります。

申し込み問い合わせ先
tonkreis-44@kje.biglobe.ne.jp または
rosarot-14@docomo.ne.jp
電話 FAX
075-932–8177 或いは 090-8797-8268(澤村)

初日9月27日金曜日は昼食を済ませ、午後1時30分に
阿賀神社参集殿に集合。講義は29日午後12時30分まで。
神算木の作成方法は笠井叡ホームページ、
ブログを参照してください。

初伝講座再開 2019年8月24日 土曜日 天使館 講師 笠井叡

1年ぶりに、オイリュトミー初伝講座を始めます。この1年の間に、日本も世界も大きく変化しました。
1年前の5月に、国立市民プラザ行われた発表会も、はるか遠くのような気がいたします。
新しいスタート地点に立って、再びオイリュトミーの根幹に全身で触れながら、歩き始めたい
と思います。動くこと、発声すること、歌うこと。カラダとコトバと音楽が呼吸とともに融合すること。
そして日々、カラダの中に新しい生命の核に、コトバと音楽の栄養のを流し続けること。
まだオイリュトミーに出会ってっていない方も含め、どなたでもご参加ください。
                                       笠井叡
第一回  8月24日土曜日
場所  天使館(JR 国分寺駅南口より徒歩20分)
時間  午後6時~9時 
料金  5,000円
問合せ・お申し込み
    spcp2bs9@grace.ocn.ne.jp
電話  042-307-9758(笠井)

2019年2020年年間予定
第2回 9月21日土曜日    第9回 4月18日土曜日
第3回 10月26日土曜日   第10回 5月16日土曜日
第4回 11月23日土曜日   第11回 6月13日土曜日
第5回 12月21日土曜日   第12回 7月11日土曜日
第6回 1月25日土曜日    (いずれも午後6時から9時まで)
第7回 2月22日土曜日
第8回 3月21日土曜日

第二期金鱗の鰓を取り置く術  ワークショップ 2019年3月9日から

2期「金鱗の鰓を取り置く術」ワークショップ 講師  笠井 叡

昨年の12回のワークショップでおいて、天津神算木(あまつかなぎ)という、人間と世界の間を結ぶ道具を取り扱うための、最も基本的な操作、考え方を、「天」「火」「水」「地」に対応するイマジネーションとともに実習いたしました。

今、私たちが生きているこの時代には、どんな言葉を唇に乗せたらいいのか、しばしば戸惑います。たった一つの「本当に・・・」という言葉を語るときにも、その言葉はいったいどこを、漂っているのでしょうか。一つの言葉は50人の人間には、50の意味を与えます。コトバはそのように孤立した人間を結ぶ力を、もはや持てなくなってしまったのでしょうか。

天津神算木(あまつかなぎ)は、コトバを「意味」や「概念」としてではなく、「身体感覚」として生み出します。そしてその「身体感覚」は空気の中に広がりながら、私と世界の間を心の振動のように結ぶ働きがあるのです。それはあたかも、「コトバによるダンス」のようです。

第一期に引き続き、今期もはじめに、人間や大自然を生み出す世界の根本的な創造力を神算木を通して理解したいと思います。そのキーワードは「人間のコトバと動きと全感覚の中には、世界を創造する力が秘められている」です。すべてのものは天火水地の過程を通して、天界から地界にまで、降りてきます。そして人間が語るコトバと動きと感覚の力によって、地界でイメージされたものは天界において、世界創造として開花するのです。

2期では、以下のテーマを通して天津神算木を操作する練習を行います。

1  古事記に描かれているイザナギノミコト、イザナミノミコトの「みとのまぐはい」について

2  天界から降りてくる「降臨五柱」

3  「降臨五柱」」の左旋と右旋について

4  父声と母声と子声はどのように神算木の中から現れてくるのか

5  古事記に描かれている淡島(あわしまと)は何か。

6  古事記に描かれている蛭子(ひるこ)とは何か。

7  二種類の上下二柱神算木について

8  上下二柱神算木の十六の象  等々

期日

1回  39日土曜日

2回  413日土曜日

3回  511日土曜日

4回  68日土曜日

5回  713日土曜日

6回  810日土曜日

7回  97日土曜日

8回  1012日土曜日

9回  1116日土曜日

10回 127日土曜日

11回 2020111日土曜日

12回 202028日土曜日   各回18時から21時まで

場所  天使館 (JR 国分寺駅南口下車 徒歩20分) 国分寺市西元町 3-27-9

お申し込み  spcp2bs9@grace.ocn.ne.jp(大きく表示  SPCP2BS9@GRACE.OCN.NE.JP)

電話  042 307 9758(天使館)

参加費  前期(第6回まで)  15000円  後期(第7回から第12回まで) 15000

一講座のみの参加  3,000

振込口座  三井住友銀行 国分寺支店  普通 2237036  一般社団法人天使館

参加費は前期後期それぞれ始まる10日前までに、お振り込みください。