笠井叡 プロフィール

舞踏家、振付家。

1960年代に若くして土方巽、大野一雄と親交を深め、東京を中心に数多くのソロ舞踏公演を行う。

70年代天使館を主宰し、多くの舞踏家を育成する。

79年から85年ドイツ留学。ルドルフ・シュタイナーの人智学、オイリュトミーを研究。帰国後も舞台活動を行わず、15年間舞踊界から遠ざかっていたが、「セラフィータ」で舞台に復帰。その後国内外で数多くの公演活動を行い、「舞踏のニジンスキー」という称賛を浴びる。

代表作「花粉革命」は、世界の各都市で上演された。ベルリン、ローマ、ニューヨーク等で作品を制作。今年の4月は、アンジェ・フランス国立振付センターで、公演及び作品指導、9月にはイタリアツアーを行う。