笠井叡オイリュトミー講座京都 2019年3月22日金曜日~3月24日日曜日

身体感覚としての和歌

古事記、万葉集、古今集の和歌を踊りながら読んでいくと、不思議な気分に襲われます。以前はそんなことはなかったのですが、一つの和歌をカラダで読み続けるというのは、カラダの中に新しい生命を生み出すような感じがします。一つの和歌を1回読むのと、10回読むのと、20回読むのとでは、その身体感覚は全然違います。そして次第に一つの和歌が血液のようにその毛細血管を通して、カラダ全体に広がっていきます。和歌には2人の作者がいるのかもしれません。単に1人の作者個人ではなくて、自然をも含めた全宇宙が歌を詠んでいるのかもしれません。ですから和歌というのは、千年も万年も読む意味があるのでしょう。そして読むたびに新しい身体感覚がカラダの中に創造されます。古典とはそういうものなのかもしれません。今回は、七つの代表的な和歌を取りあげ、そこから現代という時代に新しい生命の種を創造していきたいと思うのです。
                            笠井叡
言葉のオイリュトミー   和歌を踊る
音楽のオイリュトミー     ショパンをルドルフ・シュタイナーのフォルムで動く(エチュード第9番・ノクターン第2番)
講義       カラダの中の七つの蓮華(センター)を形成する7つの和歌

日時
3月22日金曜日 18時~20時30分    講義
3月23日土曜日 9時30分~12時30分   実習
       14時~17時       実習
       18時~20時30分     講義
3月24日日曜日 9時30分~12時30分  実習
        14時から17時実習

無窓幼稚園二階ホール
京都市右京区常磐窪町1の16 電話 075 871 0790

交通アクセス JR 太秦駅より徒歩10分
受講料 講義4000円 実習5000円
主催   笠井叡オイリュトミーの会京都
お問い合わせ e-mail rosarotー14@docomo.ne.jp
Tel FAX 075 932 8177
090 87978 8268 澤村