笠井叡『DUOの會』公演中止に伴う損害支援プロジェクトクラウドファンディングついて

笠井叡及び天使館の公演をこれまでご支援してくださってきた
皆様にご報告申し上げます。
ご存知のように新型コロナウィルスの感染拡大により、我々舞台芸術の世界は大きな打撃を受けています。
天使館も3月にKAAT神奈川芸術劇場大スタジオにて上演した「DUOの會」を千秋楽を迎える
ことなく、4回公演のうち2回の公演の中止を断腸の思いで決断したしました。
感染を未然に防ぐためとしてなさざるを得ないことではありました、が、1年以上を費やして
創り上げた作品をたくさんのお客様にご覧いただけなかったことが悔やます。

永く舞踊活動を続けてきましたが、このような形で公演が中止になることはもちろん初めてのことであり、
いつ活動が再開できるのか誰にもわからない状況になってしまいました。
そんな最中、舞台制作にかかわる方々から、クラウドファンディングの話をお聞きし、
正直なところ、クラウドファンディングについてわからないことばかりで、
今回の公演中止とクラウドファンディングがどのように結びつくのかもわかりませんが、
寄付行為の新しい形と認識しても、中止したことによる赤字補填ということには抵抗がありりましたが、
今回のクラウドファンディングは、「公演中止にともなう損害支援」と銘打っておりますが、
それだけではなく、舞踊活動を次につなげていくためのサポートをしていただくことだと捉え、
プロジェクトを公開することとした。
全く初めてのことなので、どのように進めていけばいいのか、わからないことばかりではありまうすが、
舞台芸術の灯火を消してしまうことのないように、前をむいて前進していくために
ご支援いただけたらと思っております。
このことに、ご関心のある方はどうぞ,下記のところご覧なってください。

https://readyfor.jp/projects/35459